Skip to Content

新着情報

池上通信機、中国放送より、4K中型中継車設備・4Kカメラ設備を一括受注

池上通信機は、中国放送より、4K中型中継車設備および4Kカメラ設備を一括受注した。2021年2月の納車を予定している。

キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ"EOS R5"を発売

キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素1フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、高性能な「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合的に進化させた「EOS Rシステム」の次世代フルサイズミラーレスカメラ"EOS R5"を2020年7月下旬に発売する。

Inter BEE 2020、オンラインでの開催を決定

一般社団法人電子情報技術産業協会は、2020年11月18日(水)~20日(金)にて幕張メッセで開催予定であった、メディア総合イベント「Inter BEE 2020(インタービー 2020)」の通常開催を中止し、オンラインにて開催することを決定した。詳細については、7月中旬に発表する予定。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止対策の必要性の長期化が見込まれる中、一方で、経済活動との両立や新たな社会や暮らしへの取り組みも求められている。
Inter BEE 2020は、メディアとエンターテインメントに関わる多様な関係者が集うイベントとして、関連業界が置かれている現在の困難な状況を打開し、これからのあり方や取り組みをいち早く内外に示すという役割を果たすべく、幕張メッセでの通常開催を目指し、準備を進めてきた。しかしながら、現状を鑑みた上で、来場者、出展者ならびにInter BEEに関わるすべての人々の安全を最優先に考慮した結果、本年は通常開催を見送り、オンラインでの開催とする決断に至った。

ソニー、映像クリエイター・フォトグラファーへの支援の開始

ソニーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けている、映像クリエイター・フォトグラファーへの支援策として、クリエイティブコミュニティ関連団体への寄付やソニーのカメラ機器の無償点検等を実施する。
具体的には以下の2つの取り組みを行う。

・スポーツ番組や、映画、TVドラマ、CM撮影に従事するカメラオペレーター等を支援する団体への寄付
・ソニー・イメージング・プロ・サポートの会員への機材無償点検の提供
新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、人の多く集まるスポーツイベントやコンサートなどの中止や、映画・ドラマなどの撮影中断が相次ぎ、ブライダル等個人のライフイベントの自粛も起きている。これにより、エンタテインメント業界を写真や映像制作で支えるクリエイターの事業活動に著しい影響が生じてきている。ソニーは、こうしたクリエイターの活動や事業の継続を支援していく。

本支援に係る費用は、新型コロナウイルスの影響を受けている人々のためにソニーが4月に立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」から拠出する予定。

キヤノン、EOS C300 Mark IIIの発売日が決定

キヤノンは、デジタルシネマカメラ"EOS C300 Mark III"を2020年6月18日(木)に発売すると発表した。

Syndicate content