Skip to Content

Geek&Sundry、Blackmagicのカメラ、スイッチャーを使用し、人気の Twitchチャンネルを放送

Blackmagic Designはこのたび、Geek&Sundryが、Blackmag ic Studio Camera HD、Pocket C inema Camera、ATEMスイッチャーを毎日の Tw itchプログラムの放送に使用していることを発表した。Geek&Sundryの放送スケジュールには、毎週 10本のマルチカムライブ放送が組み込まれているが、これらのプログラムは月曜から金 曜にかけて、何百、何千人のフォロアーおよび契約者に Tw itchからライブ配信されている。 Geek&Sundryはポップカルチャーのファンにとってゲームやライフスタイル情報の発信源である。2015年の春、Geek&Sundryは、月曜から金曜にかけて毎晩 2本のライブ番組を放送する Tw itchチャンネルを新しく開設した。最初の 7ヶ月で、Geek&Sundryの Tw itchチャンネルは 10万件以上の契約を獲得し、毎回 4百万回以上視聴されている。これらの番組は、ゲーム、映画、テレビ番組、ソーシャルメディアなどのトピックに焦点を当てており、インタビューやディスカッション、そしてゲームの実況プレーが盛り込まれている。Tw itchの視聴者たちは、番組に参加したりコメントしたりできるのだ。

これらの番組を放送/配信するために、Geek&Sundryは、3台の Blackmag ic Studio Camera HDと 1台の Pocket C inema Cameraを始め、多くの Blackmag ic Design製品を組み込んだ放送スタジオを構築した。番組のスイッチングには、Blackmag ic ATEM 1 M/E Broadcast Panelおよび Blackmag ic ATEM Television Studioが、そしてキャプチャー/収録には Blackmag ic HyperDeck Studio ProおよびHyperDeck Shuttle SSDレコーダー、そして DeckL ink MiniRecorderキャプチャー・再生デバイスが使用されている。

「Tw itchチャンネルは、私たちが楽観的に予測していた 5倍の速さで成長しています。年末までの目標であった契約者数を 3ヶ月で達成したのです。この成功は、Blackmag ic製品の力によるところが大きいですね。」Geek&Sundryの Tw itchチャンネルの技術監督であり、プロデューサーでもあるザック・ユーバンク(Zac Eubank)氏は語る。「私たちは高品質の番組を提供し、継続的に改善を行っていく必要があります。自分自身ともう一人のスタッフだけでこれを成し遂げることは大変ですが、Blackmag ic製品が大きな助けになっています。」 各番組では、Studio Camera HDがメインカメラとして使用され、司会者たちがゲームや映画について話す様子を撮影。一方、他のカメラは移動カメラとして、司会者たちがプレーしているゲームボードやテレビゲームなど、様々なクローズアップショットに使用される。すべてのカメラ映像は ATEM Te levision Studioを介してスイッチングされる。またゲームを起動しているコンピューターも ATEM Te levision Studioに接続されており、視聴者はゲームをリアルタイムで鑑賞できるのだ。

「Blackmag ic Studio Cameraは素晴らしいの一言ですね。操作はとても簡単で、非常に優れたイメージを得られます。」ユーバンク氏は続ける。「中でも特に便利なのは、カメラのカラーコレクションを ATEM ControlSoftwareで直接調整できる機能です。この機能を活用することにより、各放送で時間を大幅に節約することができました。毎週、一晩に 2本の番組を制作しているのであれば、少しの時間の節約でも大きな違いが生じます。」 「Tw itchチャンネルの中で最もセットアップが複雑な番組は、テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』をテーマにした『Cr itical Role』という番組です。」ユーバンク氏はさらに続ける。「この番組では、すべてのカメラを使用します。つまり、2台の Studio Cameraでプレーヤーを捉え、もう 1台の Studio Cameraでボードを、そして Pocket C inema Cameraでコンピューターを撮ります。The ATEM Te levision Studioはすべてのフィードを切り替え、画面を上部/下部パネルに分割できます。スタッフは 2人だけなのですが、4台のカメラを使ったセットアップとオンザフライのカラーコレクションを駆使することで、私たちは『Cr itical Role』を一貫したプロ仕様で放送することができるのです。Blackmag icカメラの映像は明るくクリアです。F4で優れたルックが得られると分かっているので、絞り値を固定しています。」

ユーバンク氏は最後にこうコメントしている。「毎日の業務で、設定やカメラの位置を変更する時間はほとんどありません。Blackmag ic製品は、SD Iワークフローを実現できるよう設計されているので、その点は非常に効率的ですね。私たちは徹底して SD Iインターフェースを使用してステージをフロアに直接設置したので、移動やセットアップをスピーディに行うことができます。Blackmag ic製品のおかげで作業がスムーズにできるだけでなく、これらの番組を作成する上で新しい方法を考えることがとても楽しいです。」