Skip to Content

ミネソタ州のチルドレンズホスピタル&クリニック、 Blackmagic Design製品を使って患者用のテレビ番組を制作

Blackmagic Designはこのたび、アメリカ合衆国で最大規模の小児科医療システムである、ミネソタ州のチルドレンズホスピタル&クリニック(以下チルドレンズ)が、Blackmag icの DaV inci Resolveおよび ATEM Te levision Studioを使用して、病院内で放送する番組を作成していることを発表した。これらの番組はチルドレンズの院内テレビチャンネル、Star Studioでオンエアされ、病気と闘う子供達とその家族に、インタラクティブな番組を提供している。

チルドレンズはこれまでも長年に渡って患者たちに番組を提供してきた。その歴史は、1978年にまで遡る。同院の警備員であったラリー・ジョンソン(Larry Johnson)氏が手持ちの機材を使って、「The W ishing Well(回復を願って)」という番組を作成したことが始まりである。「The W ishing Well」の放送が終了した後、2008年に Star Stud ioが始まった。現在では 8本のライブ放送が制作されており、将来的には夜間や土曜にも放送を行う計画が進められている。コンテンツを 24時間対応で放送する計画に加え、患者たちの家族、そして退院した患者が家からでも楽しめるよう、Star Studioのコンテンツはオンラインでも視聴できるようになっている。

Star Studioは、ATEM Te levision Studioライブプロダクションスイッチャー、2台の Micro V ideohubルーター、DeckL ink Studio 4K、DeckLink Extreme 3D、Ultra Stud io Thunderboltキャプチャー・再生、そして複数の Min iConverterおよび Min iRecorderを使用している。また、Star Studioは、編集およびカラーコレクションに DaV inci Resolveを、VFXに Fus ion Studioを使用している。

「どの番組でも、私たちは子供たちとその家族に感情のはけ口と笑いを提供することに尽力しています。」Star Studioの放送エンジニア、ベン・ディガー(Ben D iger)氏は語る。「番組のインタラクティブな部分は、子供達が自分の病気のことを一時でも忘れて、番組に参加できるように構成されています。子供達は院内の様々な調査に対して投票したり、あるいはそれができるほど元気な子であれば、スタジオまで来てもらってテレビから誰かにメッセージを送ったりできる内容になっています。」

2014年 6月より、第 2のキャンパスでも撮影を行うことになったが、Star Studiosは Blackmag ic Designの製品を使うことで、ミネアポリスとセントポールのどちらのキャンパスでも、スムーズに撮影を進めることが可能になった。

ディガー氏は、どちらのキャンパスでも Micro V ideohubを中心的なハブとして使用し、3台のカメラ、スイッチャー出力、スタジオからのライブ信号、その他のビデオソースをスタジオのテレビにルーティングしている。ATEM Te levision Studioは、番組のフィルターとして使用されており、遅延を防ぎ、ライブ放送に何らかの問題が生じた場合に備えたバックアップの役割を果たしている。 ミネアポリスのスタジオはメインコントロールルームとして機能し、グラフィックやビデオを ATEM Television Studioへ再生するために DeckL inkカードが使用されている。また、別の DeckL inkカードを使って、コンテンツのスケジュール調整やライブビデオの放送に使用するメインコンピューターに映像を読み込んでいる。セントポールキャンパスでもこれと同様に、ディガー氏のチームが UltraStud io Thunderboltを使ってグラフィックやビデオを再生している。どちらのキャンパスでも、システムの接続には Min iConverteが使用されている。また、Videohubから院内のデジタルサイネージへの映像配信の一環として、 MiniRecorderも使用されている。

「限られた人数と機材で番組を制作するには、Blackmag ic Design製品を中心に据えた信頼性の高いワークフローが不可欠です。」ディガー氏は語る。「信頼性の高い製品を使用すれば、本来主人公であるべき子供達を主人公にした、子供達にとって最善の番組を作る、という点に集中できるのです。」

ポストプロダクションでは、ディガー氏と彼のチームは Fus ion Studioを VFXに、そして DaV inci Resolve12をカラーコレクションと編集に使用している。Star Studioのミュージックシリーズでは、様々な地元の有名アーティストを特集している。DaV inci Resolve 12を使ってビデオを編集し、異なるカメラのショットをグレーディングすることで映像のルックに一貫性を持たせている。