Skip to Content

ブラジルの O2 Filmes、イヴェッチ・サンガロのバーチャル・リアリティビデオを DaVinci Resolve Studioでグレーディング

Blackmagic Designはこのたび、ラテン・グラミー賞を受賞したブラジルのシンガーソングライター、イヴェッチ・サンガロ(Ivete Sangalo)の新しい 360度のバーチャル・リアリティ・ミュージックビデオが、O2 F ilmesにより DaV inci Resolve 12 Studioを使用してグレーディングされたことを発表した。2015年 12月、イヴェッチ・サンガロは 10年以上ぶりに、ミュージックビデオ「O Faro l」をリリースした。

O2 Filmesは、ブラジル国内最大の制作/ポストプロダクションハウス。彼らの手がける様々な映画、テレビ番組、コマーシャルなどは、世界中で放映されている。O2のポストプロダクション統括マネージャーであるパウロ・バルセロス(Pau lo Barcellos)氏の監督の下、O2のポスプロチームは、O2 F ilmesが手がけるすべての作品で使用されているカラーグレーディングツール、DaV inci Resolve Studioを使用して、わずか 2週間でこのミュージックビデオを仕上げた。

「360度のビデオを撮影するために 4台のカメラを使用したのですが、その結果、素材が膨大な量になり、ポスプロでの作業が遅々として進みませんでした。」バルセロス氏は説明する。「DaV inci Resolve Studioのネットワークレンダリング機能を使用して、フッテージを複数のコンピューターに分割できたのはとてもラッキーでしたね。この機能がなければ各フレームのレンダリングに 5分かかったと思います。Reso lveのおかげで作業のスピードが大幅にアップしたので、2週間という厳しい締め切りに間に合ったのです。」

また、DaV inci Resolve Studioを使用したことで、O2 F ilmesは 4台のカメラで撮影したフッテージをシームレスにマッチできたという。DaV inci Resolveのカラーマッチ機能を使うと、4台のカメラで撮影したショットを自動的にバランス調整できるため、各アングルのショットは完璧に.がれて 360度の映像が完成した。

「カメラをマッチさせる自動バランス機能は非常に素晴らしいですね。」バルセロス氏は語る。「1つのショットから別のショットへカットしているわけではなく、ショット間の違いが明らかだったので、この機能は非常に役立ちました。」

視聴者がイヴェッチ・サンガロと一緒にセット内にいるような気持ちにさせる VRミュージックビデオを作成するために、O2 F ilmsはフラットなイメージで作業を行い、後から 360度のフッテージにする必要があった。このため、一般的に使用されている標準のアスペクトレシオではなく、ミュージックビデオとしては異例のアスペクトレシオとなったが、DaV inciResolveはこのアスペクトレシオを問題なく扱うことができた。 バルセロス氏は続ける。「DaV inci Resolve Studioの優れた点は、どんな問題をぶつけても解決してくれるということです。これまで O2 F ilmesのプロジェクトで、Reso lveで扱えなかったものはありません。無償の仕事でも、百万ドルのプロジェクトでも同じです。カラートラッカーとクロマキーは素晴らしいの一言ですが、どちらの機能も今回のミュージックビデオで重宝しました。」

O2 Filmesは現在、「O Faro l」ミュージックビデオの「フラット」なバージョンを手がけている。これはテレビや、360度ビデオに対応していない配信プラットフォーム用に配信される予定だ。

サンパウロにある O2 F ilmesの制作スペースは、8,500平方メートルと広大だ。ここに 70台を超える Blackmagic DaVinci Resolve Studioがあり、カラーグレーディングや編集に使用されている。O2の膨大なクライアントリストには、世界をリードするフリーランスのエディターたちが注目する、トップクラスのプロジェクトが数多く含まれている。

イヴェッチ・サンガロの「O Faro l」ミュージックビデオはこちらhttp://media.fb.com/2015/12/21/ivete-sangalo-launches-360-music-video-on-facebook/