Skip to Content

ブラックマジックデザイン、ATEM Production Studio 4KとHyperDeck Studio 12Gの特別価格を発表

期間限定、ATEM Production Studio 4KおよびHyperDeck Studio 12を同時購入で合計$2,495(日本円では ¥304,800)。

Blackmagic Designはこのたび、ATEM Production Studio 4KとHyperDeck Studio 12Gの新パッケージを$2,495で発表した。これによりユーザーは、Ultra HD向けにデザインされた、将来を保証するライブプロダクション・ソリューションを手にすることができる。

今回の特別オファーは、Blackmagic DesignのATEM Television Studioライブプロダクションスイッチャーの購入を考慮している人々がターゲット。同機単体とさほど変わらない価格で、よりパワフルなスイッチャーが入手できるのだ。

ライブプロダクションスイッチャーと放送用レコーダーを併せて購入するのは一般的だ。それら両方を購入すると、 ATEM Television StudioスイッチャーとHyperDeck Stud ioレコーダーの場合、価格は合計$1,990となる。しかし今回の特別価格では、この合計価格に$500上乗せするだけで、Ultra HDモデルであり、HDビデオフォーマット使用時にもさらに多くの機能を使用できる飛躍的にパワフルなATEM Production Studio4KとHyperDeck Studio 12Gを購入できる。

通常、Ultra HDライブプロダクションスイッチャーおよびUltra HD放送用レコーダーの強力なコンビネーションは合計$4,190であるため、ユーザーは$1,695の費用を削減できることとなる。

ATEM Television Studio 4Kは、U ltra HDのサポート、高フレームレート1080p60 HDのサポート(最大1080p60)、各入力にフルフレーム再同期機能を搭載した計8系統の入力、1系統のAux専用出力、バランスアナログオーディオ入力(XLRコネクター)、HiFiオーディオ入力、バランスオーディオ出力など、ATEM Television Studioを凌駕するさらにパワフルな機能を搭載している。さらにAC電源を内蔵しており、エレガントな金属加工デザインに搭載されたLCDスクリーンはビデオのモニタリングやAuxコントロール専用のコントロールパネルとして使用できる。

パワフルなHyperDeck Studio12Gは、BlackmagicDesignによる最も高度なスタジオレコーダーで、最先端の12G-SDIに対応。高速SSDにProRes、DNx、非圧縮ビデオフォーマットで収録できる。またHyperDeck Studio 12GはデュアルSSDスロットを搭載しており、継続的なノンストップ収録が可能。既存のあらゆるSD/HD機器だけでなく、高フレームレートUltra HD 2160p60にも12G-SDIで対応できる。つまりユーザーは、あらゆるSD、HD、Ultra HDプロダクションと互換性を持つ、ライブプロダクション用のスイッチング/マスタリング機器を手にすることができるのだ。 これらのパワフルなモデルはSD、HD、Ultra HDビデオフォーマット間での瞬時の切り替えに対応しているため、 ATEM Television StudioおよびHyperDeck Stud ioと交換して使用できる。ATEM Product ion Studio 4KおよびHyperDeck Studio 12Gは同じビデオフォーマットをサポートしており、1080p60までの高フレームレートHD、Ultra HDビデオフォーマットに対応している。

「ATEM Production Studio 4KとHyperDeck Studio 12Gのパッケージを今回の特別価格で提供できることを非常に嬉しく思っています」と話すのは、Blackmagic DesignのCEO、グラント・ペティ氏。「Ultra HD製品に対する需要は増え続けています。その中で、既存のHDワークフローとの互換性を維持したまま、あまり費用をかけずにUltraHDに移行できる方法を求める声がたくさん寄せられていました。今回の期間限定パッケージでは、私たちの1080 HDソリューションに$500のみ上乗せするだけで、Ultra HD対応の高度なライブプロダクション・システムをご使用いただけます!」