Skip to Content

パナソニック、4Kカメラレコーダー「VARICAM LT」を発表

パナソニック株式会社は、映画などハイエンドの映像制作向けの同社VARICAMシリーズの新機種として、高画質・小型軽量の4Kカメラレコーダー「VARICAM LT」を発売する。メーカー希望小売価格は 2,500,000 円(税別)、発売時期は 2016 年3 月。

「VARICAM LT」は、同社カメラレコーダーで最高の画質を持つ「VARICAM 35」と同一のスーパー35mm MOSセンサーを搭載。広ダイナミックレンジ、広色域、デュアルネイティブISO(ISO800/ISO5000)など、ハイエンドの画質を持つ。その高性能を小型軽量かつ堅牢な一体型の筐体に搭載することにより、ショルダースタイル、ジンバルやドローン搭載など、より自由な撮影スタイルを可能にする。
またシリーズで初めてEFレンズマウントを採用。PLレンズマウント(オプション)とユーザーが交換可能な構成を採用し、レンズ選択の幅を大きく拡げた。

記録コーデックはAVC-Intra 4K/2K/HD、Apple ProResをサポート。デュアルコーデック記録によるメイン/プロキシファイルの同時記録、イン・カメラ・カラー・グレーディングなどの特徴を持つ。
オプションとして、前述のPLマウントのほか、光学ズーム付ビューファインダー、シネスタイル対応のショルダーマウント、リモート機能付きのグリップモジュールも併せて用意された。
なお同製品は4月に開催される全米国際放送機器展「2016 NABショー」(ラスベガス)において、同社ブースにて展示する予定。