Skip to Content

ソニー、4K対応XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z150」を3月下旬に発売

ソニーは、2016年3月下旬に4K対応XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z150」を発売する。メーカー希望小売価格は40万円+税。

同機には業務用カムコーダーとして世界で初めて積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」が搭載された。1インチの大型センサーの搭載により高感度・低ノイズな撮影が可能なことに加え、高速読み出し特性を生かした、フルHD 120コマ/秒の本格的なハイフレームレート撮影や高速に動く被写体を撮影した際も歪みの少ない撮影が可能となった。下図はExmor Rと今回のExmor RSとの比較。これまでのExmor Rでは画素領域の横に配置されていた伝送回路がExmor RSではセンサーの背面に配置する「積層構造」になっている。これにより伝送回路の大型化が実現され、センサーからの高速読み出しが実現した。

同機の記録フォーマットは幅広く対応し、XAVC Long GOP(4K(3840×2160) 30p/24p記録に対応)をはじめとして、MPEG HD422、また報道系やハイアマチュアのまだまだAVCHDも使いたいという声に応えAVCHDにも対応。また、フルHD 120コマ/秒(XAVC Long GOP)のハイフレームレート撮影も可能となっている。
光学系は光学12倍ズームのソニーGレンズを搭載。全画素超解像ズーム機能で18倍(4K)、24倍(HD)ズーム、デジタルエクステンダー機能で最大48倍の高倍率ズームが可能となっている。また同機ではフォーカス・ズーム・アイリスの3連リングが装備された。

Wi-Fi機能としては、QoSライブストリーミング(ファームアップにて対応予定、時期は未定)、Wi-Fiリモート、FTPに対応している。

今回のPXW-Z150の登場により、同社スタンダードハンディのPXW-Z100(光学20倍、3リング)、1リングで小型軽量のPXW-Z70とともに同社の4Kハンディのラインナップが拡充された。