Skip to Content

キヤノン、InterBEE2016に“入力から出力まで、拡がる表現力で、映像はその先へ。4K HDR BY CANON”をテーマに出展

キヤノンは、InterBEE2016において“入力から出力まで、拡がる表現力で、映像はその先へ。4K HDR BY CANON”をテーマに、IBC前に発表した新製品群や、先日発表した4Kプロジェクターなどを展示する。ブース内の撮影コーナーでは、撮影した映像を4KディスプレイでHDR/SDR比較ができ、また4K放送用レンズ群も体感できる。ワークフローコーナーでは、ハイブリッド・ログ・ガンマ方式での編集の提案など、HDRに絡めたワークフローを提案。また、4KプロジェクターコーナーではEOS C700で撮影したコンテンツをはじめとした様々な4K映像コンテンツを上映。このほか、8K関連の参考展示や、昨年好評だったHDRをテーマにしたミニセミナーなどの紹介(詳細はこちら)。