Skip to Content

池上通信機、一体型マルチパーパスHDTVカメラ「HDL-45E/45E1 」を発表

池上通信機は、この度一体型HDTVカメラHDL-45E/45E1を新開発した。(HDL-45E1:1080/24psF, 1080/23.98psF対応タイプ)放送用の情報カメラや高所監視カメラ、望楼カメラとして、積極的に販売を展開していく。価格は、HDL-45Eが360万円(税抜)、HDL-45E1 (23.98psF対応タイプ)が390万円(税抜)。販売開始時期はともに2011年8月。

HDL-45E/45E1は、2/3型230万画素AIT CCDを採用した3CCDカメラ。デジタルプロセスLSI(ASIC)の搭載により、放送用スタジオカメラに匹敵する解像感、色再現性を実現している。

機能面では、アイリスやゲインをオートコントロールするAVC機能、ホワイトバランスを自動調整するATW機能を搭載し、雲台搭載時の無人運用に適している。また、デジタルエクステンダ機能も搭載。遠距離からの撮影でも、鮮明に被写体を捉えることができる。

ワンピース構造のカメラヘッドのため、天気カメラ、ニュースタジオ顔出し等の放送用から医療用、産業用まで場所を選ばず様々な運用が可能。