Skip to Content

ピコハウス、NAB2011に出展

株式会社ピコハウスは、NAB2011に出展する(ブース名:3D Pavilion/ブース番号:C10514B1 (Central Hall))。

出展製品

Easy3D


『Easy3D』は、「AVCHD」規格のフォーマットで作成された左目用および右目用のフルHDデータを取り込み、「Blu-ray 3D」規格に対応したレコーダー/プレーヤーで3D再生が可能なブルーレイディスクを作成する簡易オーサリング・ライティングシステム。ビデオデータ取り込みの過程で立体視3D再生に必要なストリームを再エンコードせずに作成することができるため、作業時間が短縮可能。また、メニューのテンプレートから背景やボタンイメージなどのパーツを選択しそのデータを登録すると、登録したデータが自動的に配置されるので、短時間で立体視3Dのメニューオーサリングを行うことができる。

『Easy3D BDJ』<NAB2011にて世界初公開>


『Easy3D BDJ』は、「Blu-ray 3D」規格に対応したBD-Jモジュールを自動生成してフルHD 3D再生が可能なブルーレイディスクを制作するオーサリング・ライティングシステム。

『Easy3D BDJ』に入力できるビデオデータは、『Easy3D』で作成したブルーレイディスク、または「Blu-ray 3D」規格対応のMVCエンコーダーで作成した左右独立の立体視3Dビデオデー タ。入力された左目用および右目用のフルHDビデオデータを解析して、Adobe Photoshopで作成したグラフィックパーツをビデオ内の対象物の深度に合わせて自動配置する機能と、ビデオ内の指定対象物の移動を検知し、移動に合わせて深度を含めた自動追尾の機能を提供する。さらに、自由なレイアウトの立体視3Dディスクメニューの編集や、登録した2D静止画または立体視3D静止画を使ったスライドショーの作成が可能。