Skip to Content

パナソニック、新開発 3.45型液晶パネル搭載、HDカラービューファインダー発売

パナソニックは、HDカラービューファインダーの新製品AJ-CVF25GJを2020年4月より発売する。従来機種AG-CVF15Gの後継機種として同社製肩乗せ型ENGカムコーダーやスタジオカメラの電子ビューファインダーとして使用できる。

AJ-CVF25GJは、従来よりも高コントラスト、高輝度で3倍の画素密度を備えた新開発3.45型LCDパネル(約276万ドット)を搭載しており、より正確かつ容易なフォーカス合わせを実現。

従来モデル同様、鏡筒部とLCD前面の2カ所で開口(跳ね上げ式)でき、撮影状況に応じてカメラ後方またはカメラ側面の2方向からLCD画面を直視できるデザインとなっている。また開口時には、自動または手動で画像の縮小(83%)表示が可能。

画像調整ボリュームつまみ等の配置は従来のENGカムコーダー用ビューファインダーを踏襲。オペレーターだけが確認できる位置にバックタリー(スライドカバースイッチ付)も装備している。さらに、スタジオカメラを用いたライブ収録用途に対応するイエロータリーを追加するなど快適な撮影環境を提供する。