Skip to Content

池上通信機、名古屋市消防局からヘリコプターテレビ電送システム地上設備を受注


名古屋市消防ヘリコプター「ひでよし」

池上通信機は、名古屋市消防局より、ヘリコプターテレビ電送システムの地上設備を受注した。運用は2021年2月から開始の予定。

名古屋市消防局は、消防ヘリコプターの1号機「のぶなが」と2号機の「ひでよし」を運航している。この2機のヘリコプターは、空からの救助、空中消火、航空救急活動を行うとともに、災害発生時には搭載されたカメラで撮影した映像情報を消防本部(名古屋市消防局)へ電送するヘリコプターテレビ電送システムを備えている。これは発災直後の被害の概況を把握するとともに、広域的な支援体制の早期確立を図る上で極めて重要な役割を果たしている。

今回採用された設備は、この2機のヘリコプターの機上設備からの映像・音声情報を受信する地上設備で、既設の同社製アナログ方式設備からデジタル・アナログ両方式対応設備への更新になる。
地上設備は、名古屋市役所西庁舎屋上の鉄塔上に設置した1.8mφのパラボラアンテナを有する追尾装置により「のぶなが」と「ひでよし」を自動で捕捉し、ヘリコプターからの映像・音声、情報を受信する。受信した情報は、東庁舎にある防災指令センター等で確認し、災害対応に活用される。
更に、ヘリコプターから送られてくる位置情報とカメラの映像情報を用いて、撮影しているエリアを電子地図上に表示し、また、ヘリコプターの位置情報を撮影した映像の中に表示することで、消防本部とヘリコプター搭乗員の迅速な連携を可能とするとともに、安全なフライトによる消防防災活動を支援する。