Skip to Content

2011 NAB SHOWレポート【ファイルベースワークフロー】

高解像度とリグレス3Dの取り組みに2極化


2011 NAB SHOWにおけるカメラ関連の各社の取り組みは、大きく分けて2つの方向性が見られた。1つは高解像度・高画質に向けた取り組みであり、もう1つは3Dリグを使用せずにステレオスコピック撮影を行うリグレス3D収録の取り組みだ。

前回触れたように、2011 NAB SHOWは、高解像度・高画質マスターを使用した次世代ファイルベース制作の胎動が始まったコンベンションとなった。これまでハイエンド制作に利用が限られていたRGB4:4:4を活用し、4K解像度をマスタリングの標準に据えるというものだ。ハイエンド制作だけでなく、通常の制作においてもより手軽に4K解像度やRGB4:4:4を扱えるようにするためには、現在のフルHDもサポートしながら活用できるコーデックや収録機材が必要になる。2011 NAB SHOWにおいて、この課題に対して、ソニーとパナソニックが方向性を示したことで、より現実的にワークフローを検討することが可能になって来た。

 

SRMASTERシリーズでHDCAM SRワークフローをファイルベース化


ソニーは、これまでRGB4:4:4ワークフローを構築してきたHDCAM SRを活用。HDCAM SRに使用しているMPEG4 SStP(Simple Studio Profile)コーデックをそのまま利用しながらファイルベース化を行った「SRMASTER(SRマスター)」シリーズを提案。現行コーデックを使用することで、HDCAM SRワークフローにファイルベースワークフローを追加することができ、テープからファイルにする際もファイルをテープでアーカイブする際もコーデック変換がないことをアピールした。テープとファイル間でエンコード/デコードを不要にすることで、画質劣化が皆無なファイルベース運用を可能にしている。

SRMASTERで利用する新メディアは、大容量メモリーメディアのSRmemory。手のひらにスッポリと収まる縦105mm×横60mm×厚み9.4mmのカードタイプメディアだが、手に取ってみるとズッシリとした手応えがある。256GB、512GBと1GBの3種類で市場投入する。SR-Lite(220Mbps)、SR-SQ(440Mbps)、SR-HQ(880Mbps)で記録できるほか、非圧縮記録にも対応する。256GBと512GBのClass Sタイプのカードでは最大5Gbpsの転送速度を実現しているので、4K解像度やS3D収録にも対応できる。SR-HQで記録した時に、512GBで約60分、1TBで約130分の収録が可能になるという。ファイルベース化で気になるのはメディアトラブル。SRmemoryの場合は、エラーコレクションとサルベージ機能を搭載することで、データ損失を最小限に抑えられるように配慮している。パスワードによるセキュリティロック機構も設けており、データ流失も抑えられるようにしていることも特徴だ。

 

ソニーが、次世代ファイルベースワークフローとなるSRMASTERシリーズで採用する大容量メモリーメディアSRmemory。

 

SRmemoryに収録するためのデバイスは、デッキタイプのストレージユニットSR-R1000と、カムコーダーと連携するポータブルレコーダーSR-R1/R3/R4だ。HD-SDI/3G-SDIデュアルリンク入出力を装備して、さまざまなカムコーダーと連携してHD記録を行うためのSR-R1と、2011 NAB SHOWで開発発表したCineAltaカメラF65(後述)にドッカブル接続して16bit RAW記録できるSR-R4の2機種を先行ラインアップ。もう1機種のSR-R3は参考展示で、現行CineAltaカメラF23/F35ドッカブルできるデバイスとしてラインアップしていた。  さて、ソニーは、SRMASTERシリーズのカムコーダーとして、スーパー35mm相当の単板SCCDを搭載したHDCAM SRレコーダーSRW-M9000PLのSRmemory版となるSR-M9000PLと、2/3型CCD搭載HDCAM SRレコーダーSRW-9000のSRmemory版となるSR-M9000をラインアップ。さらに、SRMASTER初のCineAltaカメラであり、8K CMOSイメージセンサーを搭載したF65を開発中であることも明らかにした。F65は、2011年度第3四半期に発売するとのことで、NAB SHOWでは4K収録映像を4K上映で試写して、高品質な映像をアピールした。

 

 

パナソニックが次世代マスターAVC ULTRAのコンセプトを発表


パナソニックだが、4K解像度に対応可能な新たなマスター用コーデックとしてAVC ULTRAを策定中であることを明らかにした。AVC ULTRAは、これまでもAVC Intraを超えるコーデックとして位置づけていたが、H.264をベースにしながら、ハイエンドポストとDIマスタリング用に4K解像度・RGB4:4:4で配信できるものとするとした。ハイエンド利用だけでなく、2K /1080pのRGB4:4:4や、1080/50p, 60p/720/50p, 60p、1080/50i, 60i、1080/24p, 25p、720/50p, 60pといった従来の映像フォーマットの取り扱いを可能にすることで、より幅広くコーデックが利用できるようにする。

今回の2011 NAB SHOWでは、AVC ULTRAのコンセプトと方向性を具体化した状態であり、記録メディアや投入時期などは明らかにされなかった。AVC ULTRAに対応した実際の製品が出て来るまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。ソニーがSRMASTERシリーズとして製品/ワークフローまでを具体化させた動きを見せるなか、AVC ULTRAが提案にとどまったことは残念でならない。