Skip to Content

ブラックマジックデザイン、Media Express 3を発表

アップグレードした3Dサポート、メタデータ、4Kサポート、そして新しいユーザーインターフェースを含む盛りだくさんのアップデート


Blackmagic Designは4月11日、Media Express 3を発表した。 Media Express 3は、Blackmagic Design DeckLink、Multibridge、Intensity、UltraStudio Pro製品をキャプチャー使った高度なキャプチャー・再生のアップデートで、Windows 7、Mac OS X、Linuxプラットフォーム に対応している。

Media Express 3は、 NAB2011のBlackmagic Designブース SL220にて展示された。

「Media Expressは、テレビシリーズのエピソードからハリウッドのメジャーな3D作品にいたるまで、制作の要となってきました。私たちは今回のアップデートで、より滑らかな人間工学的ワークフロー、より多くのメタデータ、クリップの管理に焦点を当てましたが、同時にユーザーの方に好評いただいているMedia Expressのシ ンプル性はそのまま残しています。」とBlackmagic DesignのCEO、Grant Petty氏は語る。「サムネイル・ビュー やクリップビンなどの新機能が追加されたことにより、3Dフィーチャーなどの複雑なコンフォーミングの管理、 納品がはるかに容易になりました。今回のアップデートで、ユーザーは非常に驚かされることでしょう。」

 

Media Express 3の主要な機能


•Mac OS X、Windows、Linuxプラットフォームでのタイムコード精度の非圧縮YUV/RGB QuickTime、 AVI、DPXへのキャプチャー・再生

• SD、HD、3D、2K、4Kキャプチャー・再生サポート

• 左右の画像を別のファイルに取り込む高度なデュアルストリーム3Dワークフロー

•Apple ProRes、DVCPRO、MJPEGのキャプチャー・再生サポート

• 自動バッチキャプチャー・再生・ロギンク

• クリップをグルーブごとに管理可能なクリップビン

• 魅力的なインテリジェントサムネイルならびにリストビュー

 

・購入と価格


Media Express 3は、6月よりBlackmagicDesignウェブサイトから無料でダウンロード可能