Skip to Content

朋栄/朋栄アイ・ビー・イー、字幕放送制作ソフトウェア NeON-Ⅷ 発売

朋栄と朋栄アイ・ビー・イーはこのたび、字幕放送制作ソフトウェア「NeON」の新バージョンとなる「NeON-Ⅷ」を発表し、販売を開始した。
NeONは地上波アナログ及び、地上波デジタルテレビ放送用字幕画面制作において国内導入実績No.1のソフトウェアとして、多くの字幕付き番組制作とその普及促進に活用されている。この度の新バージョンでは、地上波デジタル用字幕画面制作に即した新機能に加え、話速変換機能の新搭載など更に字幕制作業務を効率化し支援する様々な向上がおこなわれている。番組のほか今後普及が期待される字幕付きCMの制作にも活用が可能。
なお、販売及び保守サポートはこの度総代理店契約を締結したフォレストダインシステムズ株式会社を通じて行われる。

製品名:字幕放送制作ソフトウェア NeON-Ⅷ (ネオン エイト)

発売時期: 2011年4月

※NeON (NHK Excellent Onsei Ninshiki) は日本放送協会と日本アイ・ビー・エム株式会社の共同開発によるもので、株式会社朋栄アイ・ビー・イーが新たに追加開発を行っている。

 

NeON-Ⅷの主な特長

・MPEG-1およびMPEG-2ファイルを使用した地上波アナログ用および地上波デジタル用の字幕制作が可能。
・番組ビデオ先頭タイムコード設定機能により映像ファイルにタイムコードを書き込むことなく、フレーム単位でタイムコード設定が可能。
・地上波アナログ用外字および地上波デジタル用外字が使用可能。外字は外字エディタで作成可能。
・地上波デジタル用字幕では、字幕ページ単位でのフォントサイズ等の設定、縁取り、半透明色含む128色の使用などが可能。
・字幕情報はNAB形式(地上波アナログ用)および、ARIB形式(地上波デジタル用)のファイルで入出力可能。 ・制作した字幕は文字品質を向上した字幕プレビューにより、PCディスプレイ上でプレビュー可能(マルチスクリーンに対応)。
・話速変換機能により字幕プレビュー音声の聞き取りやすさを向上※
※話速変換機能は、NHK放送技術研究所にて開発された「話速変換技術」を採用。
・フェイルセーフ設計による字幕情報の損失防止。
・ルビ一覧機能、表示色/背景色一括変更機能などの字幕編集を支援する様々な機能を搭載。
・テキストファイルの入出力が可能。
・Winodws7上で動作可能。

▼問い合わせ先
販売・サポート 総代理店
フォレストダインシステムズ株式会社
http://www.forestdyne.co.jp/neon/