Skip to Content

パナソニック、サムスン電子、ソニー、XPAND 3Dの4社が 「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」として3Dアクティブメガネの標準化に合意

Bluetooth(RF)と赤外線(IR)の民生用3Dアクティブメガネ技術の共同ライセンスを検討

パナソニック株式会社、サムスン電子株式会社、ソニー株式会社、 X6D Limited (XPAND 3D)は、「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」として、民生用 アクティブシャッター方式の3Dメガネ(以下、3Dアクティブメガネ)に関する技術の 標準化で提携することに合意した。

3Dアクティブメガネは、フルHD画質での 3Dを実現するものです。テレビ、PC、 プロジェクター及びXPANDアクティブメガネ方式の3D劇場等の3Dディスプレイと3D アクティブメガネとの間の通信方式には、Bluetoothをベースにした無線(RF)システムを 利用するものと赤外線(IR)システムを利用するものがあり、今回の合意は両方式に関連 するもの。

4社は、RFシステムを利用した3Dアクティブメガネ技術のライセンス開始に向けて、 その開発に取り組んでいく。