Skip to Content

パナソニック、新型ハンドヘルドカメラレコーダーAG-AC160・AG-AC130を発売

 

パナソニックは、「AVCCAM」シリーズの新製品メモリーカード・カメラレコーダーAG-AC160を2011年9月より、AG-AC130を10月より順次発売する。

メモリーカード・カメラレコーダーAG-AC160とAG-AC130 は、AVCCAMシリーズの新型ハンドヘルドカメラレコーダー。新開発の22 倍ズームレンズはワイドから望遠までカバーするとともに、カム式ズーム・フォーカス・アイリスの3リング構成により交換レンズに近いマニュアル操作が可能となっている。高感度・低ノイズ・高解像度の1/3 型220万画素“U. L.T.”(Ultra Luminance Technology)MOS イメージセンサーと業務用AVCHD PH モードにより1920×1080フルHD 映像を高画質で収録ができる。

AVCCAMシリーズの ハイエンドモデルとなるAG-AC160 はフルHD 画質でのスロー/クイックモーション撮影(フルHD VFR機能)やHD SDI 出力に対応するなど高機能が充実。コストパフォーマンスにすぐれたAG-AC130との2ラインナップにより、業務用から映像制作・ニュース取材まで、幅広いニーズに対応している。また、2 機種ともDV(SD)収録モードを備えることにより、汎用性を拡げている。