Skip to Content

ブラックマジックデザイン、 Windows™版DaVinci Resolve8.2 の パブリックベータ版をリリース

ブラックマジックデザインはこのほど、 Microsoft Windows™版DaVinci Resolve8.2 のパブリックベータ版がダウンロード可能となったことを発表した。 Microsoft Windows™版DaVinci Resolveのパブリックベータ版はフル機能搭載のDaVinci Resolve 8.2および無 償版の DaVinci Resolve Lite の両方で入手可能。 Windows™版DaVinci Resolve8.2 ライセンスは Mac OS X 版 も含まれており、既存のMac OS X 版のユーザーは自動的にWindows版のライセンスを入手でき、ダウン ロードしてすぐに使用できる。

Windows™版DaVinci Resolve ベータ版によりユーザーは、幅広い機種のハードウェアでカラーコレクション システムを構築し、GPUを数多くのオプションから選択することが可能となる。Windows版DaVinci Resolve は、最大4GPUまで対応している。

パブリックベータ版プログラムが完了し、Microsoft Windows™版DaVinci Resolveが公式にリリースされれ ば、Mac OS X版に付属しておりDaVinci Resolveを購入したユーザーは、WindowsもしくはMac OS Xのいずれか、使用したいOSを選択しインストールできる。これによりユーザーは柔軟にDaVinci Resolveを使いわ けられるのだ。例えば、オフィスではパワフルなマルチGPUのWindowsデスクトップPCを使用し、ドングルを 抜いて撮影現場へ移動し、最新のスタイリッシュなMac OS X MacBook Proコンピューターにドングルを接 続して使用することも可能だ。

ソフトウェアを追加購入しなくても、いつでもOS間を移動し、グレーディングできるのはDaVinci Resolveだけである。

現行のDaVinci Resolveユーザーの特典として、Mac OS X版DaVinci Resolveを既に購入していれば、同一の ドングルをWindows版DaVinci Resolveでも使用できる。Windows版がリリースされれば、すぐにダウンロー ド可能だ。つまり、現行のDavinci Resolveユーザーは最新の機能を使用でき、早期購入による不利益を被るこ とはないのだ。

DaVinci Resolveは3つのモデルを取り揃えることになる。無償版であるDaVinci Resolve LiteはWindowsお よびMac OS X版のダウンロードが可能だ。US$995のDavinci ReolveソフトウェアはMac OS X、Windows で使用できるようになる。ユーザーは1式購入すれば両方のOSで使用できる。そして、コントロールサーフェス 付きの完全版Resolveは、Mac OS X、Windows、そしてLinuxで使用できるようになる。ユーザーは3種類の OSから選択してカラーコレクションシステムを構築できるのだ。

「このWindows版のベータを予想よりずっと早くリリースすることができました。DaVinci のエンジニアリング チームは素晴らしい働きをしてくれました! 」 と、 Blackmagic Design CEOのグラント・ペティ氏は語る。

「DaVinci Resolveユーザーの皆様が、より柔軟にカラーコレクションのシステムを選択していただけることと なる、今回のリリースを喜ばしく思っています。様々な編集/エフェクト用ソフトウェアを使用している場合で も、Resolveのカラーコレクションをより簡単にワークフローに組み込めるようになるのです。」

 

■購入と価格

Microsoft Windows™版DaVinci Resolveベータ版は、既存のResolve購入者に無償で提供され、 Blackmagic Designウェブサイトからダウンロード可能だ。正規のMicrosoft Windows™版DaVinci Resolve8.2がリリースされると、 US$995 のMac OSX版のに同梱される。ユーザーはソフトウェアをインス トールする際にMac OS XまたはWindows7の対応OSを選択可能。