Skip to Content

ソニー、業界最高画質の CineAltaカメラF65を販売開始

写真:左からアレック・シャピロ氏(米ソニーエレクトロニクスSVP)、フィル・モリニュー氏(米ソニーエレクトロニクス 社長兼COO) オットー・ネメンツ氏、ハワード・ストリンガー氏

業界最高画質の CineAltaカメラF65を販売開始
〜発売前に大規模、約400台の受注を獲得〜

ソニーは新開発の超高解像大判8KCMOSイメージセンサーを搭載し、4K映像を撮影できるCineAltaカメラF65の全世界での販売を開始した。

製造第一号機は、米国ハリウッドの大手映像制作機材レンタルハウスである、Otto Nemenz International 社へ導入されることが決まり、ソニー・オープン・イン・ハワイ開催期間中の2012年1月13日にソニー株式会社会長 兼 社長CEO ハワード・ストリンガー氏よりOtto Nemenz(オットー・ネメンツ)氏への製品引き渡し式典が開催された。

F65は2011年9月に製品発表をして以来、映画業界からの反響が高く、発売前に約400台の大規模受注をしたとのこと。

また、少なくとも二つのハリウッドメジャー映画スタジオがF65を映画製作に採用する予定となっている。

同社は次世代4K映像エンタテインメントの世界構築につとめており、業務用4Kデジタルシネマプロジェクターは既に全世界の映画館10,000スクリーン以上に設置されており、さらに、2011年末には世界初の家庭用4Kホームシアタープロジェクターも発売し、視聴環境を整えてきた。

また大容量4Kの映像を収録できる業務用レコーダー SRMASTERも2011年秋より発売しており、このSRMASTERフォーマットをオープンプラットフォームな技術方式として、ノンリニア編集機やカラーグレーディング機などの業界の映像制作機器メーカーへ幅広く提案するとともに、各社と連携を図りながら映像制作環境も整えている。

この度、業界最高画質の4K映像を撮影できるCineAltaカメラを市場に投入することで、撮影から編集、上映、視聴まで一連の4Kワークフローが構築された。

 

◎ソニー株式会社会長 兼 社長CEO:ハワード・ストリンガー氏のコメント

『F65の出荷は映像制作者にとって重要な技術の進化を象徴しており、この新たなツールで映画制作者が作品を創られることに心が弾んでいます。F65の技術はソニーがグローバルに展開する4Kの礎となるもので、 ソニー以外では実現出来ない、トータルな4K体験を証左するものです』

 

◎Otto Nemenz International: オットー・ネメンツ氏のコメント

『F65の発売は映像制作業界にとって大変エキサイティングなことです。4Kはこれで現実のものとなり、エンタテインメントを支える技術において次の大きな飛躍を象徴しています。F65は革命的なカメラであり、デジタル映像制作ワークフローにおける新たな基準を定めるものです』