Skip to Content

ハリウッドのプロダクション、映像制作機器メーカー各社がソニーの4Kオープン制作フォーマットに対応

ソニーは業界最高画質で4K映像を撮影できるCineAltaカメラF65の記録フォーマットである「SRMASTERフォーマット(F65 RAWファイル及び2K/HD MPEG4 SStP(Simple Studio Profile))」をオープンプラットフォームな技術方式とすることを決め、2011年秋以来、映像制作機器メーカー各社へ技術仕様の公開や開発支援を通じて幅広く提案してきた。

オープンプラットフォーム化は、撮影から編集、カラーグレーディングまでのワークフローの効率化、高画質化の加速を目指したもの。

 

そして、フォーマット採用へ賛同を表明したノンリニア編集やカラーグレーディングなど多数のメーカーより、4K編集環境の実現に向けて、映像制作機器への対応が進められている。

 

このなかで下記6社の製品の正式版(リリース版)によるSRMASTERフォーマットへの対応が完了し、オン・セット・デイリーズ(撮影現場での映像確認機器やシステム)やカラーグレーディング、コンポジット(編集工程での色調整やVFXとの合成)など編集領域においても4Kコンテンツが扱える環境が整ったと発表した。

 

◎ASSIMILATE、Blackmagic Design、Colorfront、FilmLight、MTI、YoYotta

 

また、映画製作現場においては、ハリウッドの大手ポストプロダクション10社によるSRMASTERフォーマット対応が推進され、各ファシリティにおけるF65撮影プロジェクトのサポート環境が整いつつあるとのこと。

 

◎Colorworks、Company 3、DigitalFilm Tree、EFILM、Encore/Level 3、FotoKem、Hollywood DI、Light Iron、 Modern VideoFilm、Technicolor

 

なお、今回対応が完了した6社以外にも、映像制作業界各社でソニーの4Kフォーマットへのサポートに向けた取り組みが行われており、開発が進行中。

2012年1月からは発売前に約400台という大規模受注を得たCineAltaカメラF65の全世界への出荷を順次開始しており、すでにF65により複数の映画撮影が開始されている。