Skip to Content

パナソニック、中国中央テレビの新社屋への機器納入と 中国におけるロンドンオリンピック3D 放送化に向けた支援を推進

パナソニック株式会社は、中国中央テレビ(CCTV)の新社屋に最新鋭の撮影機材をはじめとする設備を納入し、あわせてロンドンオリンピックの中国における3D 放送に向けたサポートをすることを発表した。これにより、中国におけるロンドンオリンピックの3D放送が、CCTV によって実現することになる。

CCTV は国家テレビ局として、中国の放送技術を一貫してリードしており、同社は長期パートナーとしてテレビ番組のネットワーク製作技術の研究開発などを協働で取り組んできた。

稼動が予定されているCCTVの新社屋は、新しい設計理念を採用し、先進的なネットワーク製作技術で、世界に先駆けて局全体の「無テープ化」番組制作放送を実現し、従来のリニア制作放送から全プロセスドキュメント化によるネットワーク制作放送に進化、発展させていく。

この新社屋の稼動に伴い、当社のP2HD カメラレコーダー「AJ-HPX3100」300 台をはじめ、HD スタジオカメラ「AK-HC3500」シリーズなどが大量に採用され、同社はCCTVのHD 放送番組の撮影・制作を全面的にサポートしていく。

また、同社は、国際オリンピック委員会(IOC)ならびにオリンピック放送機構(OBS)との間で、ロンドンオリンピックの3D 放送化に向けたパートナーシップ契約に調印し、オリンピック史上、初のオリンピック3D 放送を実現することを既に発表している。

CCTV は上記3D 放送の放映権を持つ会社のひとつとして、中国発の3D テレビ番組の総合的試験チャンネルである「中国3D 試験テレビチャンネル」を通じ、ロンドン五輪のさまざまな競技を3D 放映し、視聴者に臨場感と感動を提供する。

ロンドンオリンピックではオリンピック放送機構(OBC)が、開閉会式、体操、陸上、水泳、飛び込みなどの合計約200 時間以上にのぼるオリンピックの主要競技の3D 映像を制作し、世界各国の放送権者に配信する予定。