Skip to Content

JVCケンウッド、業務用4Kメモリーカードカメラレコーダー 「GY‐HMQ10」 を発売

JVCケンウッドは、JVC ブランドより、業界で初めて※1、機動性に優れた小型・軽量のハンドヘルド サイズのカメラで、フルHDの4 倍相当の情報量を持つ4Kの高解像度(3840×2160)で60p記録・再生を実現した業務用4Kメモリーカードカメラレコーダー 「GY‐HMQ10」 (オープン価格:参考価格75万円前後(税込))を3月下旬より発売する。

 

同機は、SDHC/SDXC カードを4枚使用し、独自の画像処理エンジン“FALCONBRID(ファルコンブリッド)” により、4K映像を形成し記録することで、低ランニングコストと長時間記録(32GB×4枚で約2時間)を両立している。 業務用ビデオ市場はもとより、より広範囲な映像制作現場において、4K映像の記録・再生に対応する。

※1 : 3月下旬発売予定、国内市場における 4K映像を記録・再生できる業務用小型カメラレコーダーとして。2012年3月16日現在(同社調べ)。