Skip to Content

アエックス×クレッセント

〜夢をビジネスにする天才社長〜

大阪、いや国内でも有数なCG映像制作会社のアエックス。同社はこの”CG映像制作の会社“という枠にはまらないユニークな会社。下請け的な映像制作会社と一線を画するのは何と言ってもオリジナルのコンテンツ、オリジナルの制作技術に徹底して拘っているところだろう。企業から依頼されてCGやアニメ作品を制作するのではなく、自らのオリジナルで作品を作り、それをライセンス供与していくという発想の逆転。同社では様々なテーマパークでの映像コンテンツを業務としてきたがクライアントから”こういうのを作って“ではなく、アエックスオリジナルのコンテンツを使いませんか?という受注ではないプロポーザル。社長自らが絵コンテを起こし、アイデアを出しそれを具体的なコンテンツに仕上げていく。好きなことを仕事にできるのは多くの人の憧れでもあり、それができるのは一握りの天才。その内の一人が同社の高畠彰社長なのだ。

 

“少し不自由くらいな方がいいものができる”


アエックスでは既にクレッセントの主な商材の殆ど(Boujou、Vicon、3Delight、Massive、CityEngine)を導入している。しかし同社ではただツールに頼るだけではなく、制作技法もそのコンテンツに合わせてとことん研究する方針。「便利なツールにすぐに飛びつくのではなく今あるツール、技術だけでできるだけ(オリジナルコンテンツの表現に)どこまでやれるかチャレンジしてみる。(ソフトは)少し不自由な方が表現としては新しいものが出てくるんです」(高畠社長)。そういう工夫がノウハウとして蓄積していくという。同社ではCGはもちろん、いわゆるクレイアニメも独自の技術で作っているがその過程でも当初はセットを作って自社でモーションコントロールカメラを作るほどだった(後にBoujouに取って代わられる)。ツールがあってそこに仕事を合わせるのではなく、自分たちの表現を実現するためにたまたまこのツールが適していた、というスタンスだ。

 

ハリウッドがゴールではない


“今のCG映像、VFX映像はどれも似たように見えませんか?“と高畠社長は問う。20年前のジュラシックパークの映像を抜けるようなプロダクションはなかなか出てこない、という。それでは何が日本のCG,VFX業界を停滞させているのか。良く言われるのはマーケットが小さい、いわゆるハリウッドがない、映画業界が産業として成り立っていない、庇護される団体の上に映画業界が産業として成り立っていないので各制作会社が点でしかない。。。etc。「でもそれは理由にはならない」と高畠社長は言う。「VFXというと皆さんハリウッドを向くが、ハリウッドがゴールではないと思ってます。日本独自のものでゴールを決めて進んでいければいい。何で映像制作をしているのか?と聞かれたら私は(ハリウッドを目指すのではなく)1950~60年代の東映アニメの系統を(表現として)受け継いで行きたいからと応えたいですね」。

 

● この記事、会社情報は2012年3月の取材構成を基に構成されています。その後変更となっている場合もございますのでご了承下さい。
● 記載された会社および製品名は、各社の登録商標または商標です。