Skip to Content

新着情報

VobileJapan設立

VobileJapan大木社長(写真中央)

 

米国シリコンバレー(santaClara)に本社を置くVobile社の日本法人「VobileJapan株式会社」が昨年12月7日に発足、2011年2月23日、東京・青山の青山タワービル「ココデシカ エスタ青山」において設立記者発表会を行った。

テクニカラー、映画「ザ・ファイター」でDaVinci Resolveを使用

Blackmagic Designはカラリスト、トニー・ダスティン氏がゴールデン・グローブ賞2冠、アカデミー賞7部門ノミネートの話題の映画「ザ・ファイター」のグレーディングにDaVinci Resolveを使用したことを発表した。

「ザ・ファイター」はデヴィッド・O・ラッセル監督作品で俳優のマーク・ウォルバーグとエイミー・アダムスがプロデュース、出演している。クリスチャン・ベールとメリッサ・レオがともに、その演技でゴールデン・グローブ助演男優、女優賞を受賞し、日本では3月26日より公開が予定されている。ダスティン氏はDaVinci Resolveのシステムを用いて、ラッセル監督およびポストプロダクション・スーパーバイザーのクリストファー・クリコウスキー氏、撮影監督のホイテ・バン・ホイテマ氏とともにボクシングジムの気骨さや、マサチューセッツ州のローウェルを舞台とし、ボストンと対照的な労働者階級地区の雰囲気、そしてプロの戦うリングの激しさをリアルに描き出した。

ソニー、25型/17型有機ELパネルを搭載した業務用マスターモニターを発売

ソニーは業界初の25型/17型有機ELパネルを搭載した以下の業務用マスターモニターを2モデル発売する。

DaVinci Resolveでグレーディングされた作品が アカデミー賞にノミネート

 Blackmagic Designは、2011年のアカデミー賞にノミネートされた“アリス・イン・ワンダーラ ンド”、“The Fighter”、“The Kids Are Alright” “Hereafter”これらの作品が全て、Blackmagic DesignのDaVinci Resolve ノンリニアカラーコレクショ ンシステムを使用してグレーディングされていることを発表した。

池上通信機、「Ikegami ファイルベースアプリケーション2011展示・商談会」開催

池上通信機は、2月22日(火)[11:00~19:00]青山TEPIAにて「Ikegami ファイルベースアプリケーション2011 展示・商談会」を実施する。
今回の展示・商談会では、同社が取り扱うファイルベースアプリケーションが紹介される。また、併設で「ファイルベースメディアGFによるCM搬入ワークフロー」セミナーも実施。2011年7月よりスタートするファイルベースメディアCM搬入のワークフローを具体的に解説する。

Syndicate content