Skip to Content

4月 2015

池上通信機、名古屋テレビ放送に報道サブ 映像システムを納入

Cサブおよび併設するD・Eサブの映像システムを受注、2015年3月に納入

池上通信機は、名古屋テレビ放送より、報道番組の制作を目的としたCサブおよび併設するD・Eサブの映像システムを受注、2015年3月に納入した。CサブからのリモートでEサブを運用する提案が、採用の決め手となった。
Cサブは、毎日のニュース番組や緊急報道時のニュース送出が目的の報道サブ。
カメラ、VTR、ビデオサーバ、気象情報・地震情報などのCG、中継やネット回線からの映像など多くの素材を扱い、多様な映像効果や画面合成を必要とする。スイッチャ・ルータは、3G-SDI 対応のMuPS-4000 seriesで構成。スイッチャは、DFEやデザインボーダ、各M/Eごとにダブルプログラム・8キーヤ・6リサイザなどの映像制作機能を備えている。ルータは144入力×144出力で、豊富な入出力数を有する。

ブラックマジックデザイン製品別セッション(福岡)のご案内

ブラックマジックデザインではこのたび、福岡市にて製品別セッション(勉強会)を2日間・全4回(5月27-28日)にわたり開催する。会場では、ブラックマジックデザインの多彩な製品ラインアップを展示。ソフトウェア・ハードウェアともに体験できる。NAB Showで発表された新製品についても、紹介される。
セッション内容は以下の通り。

第1回 Fusion 75/27 (水)10:00-12:00
合成・VFXソフトウェア「Fusion 7」を紹介。Fusion 7は30年近い歴史を有し、キーイング、Primatte、3D空間、3Dパーティクル、テキストツール、そしてモーショングラフィックなど、きわめて強力なツールを200種類以上備えている。本セッションでは製品の概要をわかりやすく解説するとともに、Fusionで広がるVFXの可能性について、デモンストレーションを交えながら紹介する。

第2回 Camera x DaVinci Resolve 125/27 (水)13:00-15:00

池上通信機、テレビ静岡に中型中継車を納入

池上通信機はこのたび、テレビ静岡より中型中継車を受注し、2014年夏に納車したことを発表した。
車輛の外観は、静岡県を象徴する駿河湾の青い海と富士山をイメージしたデザインで、きめ細かなグラデーションを用い、美しく表現されている。この新中継車は、スポーツやイベントの熱気を伝えるため、Jリーグのサッカー中継や静岡県バレーボール大会など県内各地の競技場やイベント会場で活躍している。

ブラックマジックデザイン、NAB2015にて新製品を発表

ブラックマジックデザインは、NAB2015にて以下の新製品を発表した。

DaVinci Resolve 12
50 以上の新しい編集/カラーグレーディング機能を追加するメジャーアップデート、DaVinci Resolve 12 を発表。今回のアップデートには、新しいモダンなインターフェース、マルチカメラ編集、パワフルな新しいメディア管理ツール、VST/AU プラグインに対応した全く新しいプロ仕様のオーディオエンジン、ショットマッチング、3D キーヤー、3D 遠近トラッカー、カーブ編集機能の向上などが含まれる。

タイムクライシス5×クレッセント

タイムクライシス5×クレッセント

【▲クリックすると、pdfがご覧になれます】