Skip to Content

試用レポート:Blackmagic URSA Mini

Blackmagic Designの印象はコストパフォーマンスに優れていると言うイメージが強い。勿論、他の印象もあるがコスト面でのアドバンテージの高さにまず目がいっていた。その感覚にプラスαがついていったのがスイッチャを自社で販売しだしてからだ。これまではどんなに安くても50万円以下というのはあり得なかったビデオスイッチャにいきなりHDスイッチャで50万円どころか10万円台の物まで投入してきたのは衝撃的だった。そこから同社のラインナップは急速に増えていったのも記憶に新しいところだ。特に毎年のNAB Showでは同社の社員でさえも、当日まで何が予定外に追加発表されるかわからないくらいのドキドキするらしい。(2016年11月号より)