Skip to Content

JVCケンウッド、4Kカメラモジュール「GW-MD100」を発売

JVCケンウッドは、JVCブランドより、小型・軽量で高精細な4K映像を撮影できるレンズ交換型の4Kカメラモジュール「GW-MD100」を2017年3月下旬より発売する。奥行き117mm、質量800gの本体に、1350万画素の4K対応 Super35mmCMOSセンサーを搭載。マイクロフォーサーズマウントを採用し、撮影状況に応じて多様なレンズを装着して、高精細な4K/60p撮影が可能。クレーンやドローン等に装着する制作用サブカメラをはじめ、研究や計測分野までさまざまな撮影システムへの組込み用途での活用を提案する。