Skip to Content

Vol.003 ミニマムパッケージにおける照明機材

今回は、スモールパッケージ……というよりも、ミニマムパッケージにおける照明機材について、筆者の今の現場を記したい。

デジロケと照明
「ハンドヘルドカメラ」いわゆる「デジ」を使ったロケでは、ミニマムな機材と人員でロケを遂行することを求められる事が多い。スタッフはディレクターとカメラマンの2名という事も珍しくない。そうしたデジロケにおいて、機材選定で悩むのが「照明」である。
筆者の場合、海外ロケに於いてデジを使った収録をディレクターと2名体制で行う機会が多く、その中でどのような照明を選択するかは、長年、そして毎度の課題だ。  海外ロケの場合は、ENG・デジによらず機材の制限が大きい。全体の重量制限や、長期ロケの場合は機材の故障などの事も考えて、壊れにくい機材、あるいは予備を持っていくなど、ロケ内容外のことを考えておかねばならない。また、機材バランスとしては、カメラや三脚は小型軽量化しているので、照明もコンパクトに纏めたいところ。そもそも他に技術スタッフがいるわけでは無いので、沢山の照明を持って行ったところで、1人では捌ききれない。最小限の照明機材で、効果的なライティングを行える事を考える必要がある。

海外デジロケと照明
さて、海外ロケにおいて「料理撮影」は、その国を素晴らしく魅力的に描く方法の1つだ。美しい風景と並んで視聴者を惹き付けるコンテンツと言える。だから、ディレクターもカメラマンも料理撮りには相応の技術と時間を使う。カメラマンとしては料理撮りのことを考えて、クローズアップレンズや三脚を選定するし、勿論なによりも照明に気を遣う。露店の何気ない食べ物や、伝統料理などを美味しそうに見せるには、ライティングは必須だ。無論、高級料理店のメインディッシュが美味しそうに見えないというのは、論外だ。
長年悩んでいた「照明」の問題とは、ほぼ全てこの料理撮影の為である。