Skip to Content

Vol.007 安価な高演色性 LEDライト使用の現場

私が前職場でテレビの ENGを始めた頃は LED照明が現場に入り始める直前で、照明と言えばメインは3灯照明のパルサーか IO kit。手持ち照明は東芝ライテック 150Wのハンディーバッテリーライトで、 ENGカメラに取り付けできるのは PROTECH か IDX の 20W ヘッドライトと選択肢が限られていた。そしてそれらは全てハロゲン球による照明灯体だった。(もちろん HMIなどもあったが。)
他社のクルーも同じ物を使っており、珍しい照明や見たことも無い照明を見掛けるような事は殆ど無かった。しかし現在は選択肢が大きく広がり、今や同じ照明機材を使っているクルーと並ぶ事が珍しい。これは LED照明が撮影現場に台頭してきてからの事である。