Skip to Content

パナソニック、放送番組リアルタイムアーカイバシステムを発売

パナソニックは、地上デジタル放送、BS放送、CS放送などの放送番組からインターネット配信用動画コンテンツを自動生成する放送番組リアルタイムアーカイバシステムを、放送事業者向けに3月下旬より発売する。
現在、放送した番組をインターネットで再配信するには、番組のデジタルファイル化、編集、動画配信フォーマットへの変換、メタデータの付与といった作業が必要であり、放送事業者にとって、煩雑な作業をともなう。
そこで、同社は、放送した番組をVOD用として再配信する際のワークフローを自動化するシステムを開発した。本システムはオンエア時のマスター映像を取り込み、EPG(電子番組表)情報に基づいて番組の境界をフレーム単位の精度で検出し、自動的に切り出すシステム。一般的なファイルフォーマットであるMP4と共に、HybridcastのVOD仕様で採用されているMPEG-DASHにも対応している。

【放送番組リアルタイムアーカイバシステム】