Skip to Content

池上通信機、第44回放送文化基金賞(個人・グループ部門 ― 放送技術 ― )を共同受賞

池上通信機は、第44回放送文化基金賞(個人・グループ部門 -放送技術-)において日本放送協会(NHK)、日立国際電気、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズと共同受賞したことを発表した。同賞は「8K小型カメラの開発と実用化」に対し授与されたものであり、7月3日ホテルオークラ東京で、受賞者、関係者多数出席のもと賞牌・トロフィー等の贈呈式が行なわれた。
同社は、平成27年4月に発表のとおり、第1世代の8Kスーパーハイビジョンカメラと比較して、約1/10の小型・軽量化を実現した世界初のハンディタイプ8Kスーパーハイビジョンシステムカメラを日本放送協会(NHK)と共同開発するなど、8Kスーパーハイビジョンを頂点とする超高精細映像関連機器・システムの開発に取り組んでいる。