Skip to Content

パナソニック、ハンドヘルド・カムコーダー「AG-CX350」2019年2月に発売

パナソニックは、映像制作と放送の両方の用途をカバーするハンドヘルド・カムコーダーの新しいラインアップ"CX"シリーズの初号機となる「AG-CX350」を2019年2月に発売する。
同機は広角(24.5 mm)・高倍率(20倍ズーム)レンズと高精細・高感度の新1.0型15メガ MOSセンサーを搭載し、10ビットの高画質で、4K(UHD)またはFHD 映像のSDCXカードへの収録が可能。高効率の新コーデック(HEVC・LongGOP/10ビット4:2:0/MOV)は、ノートPC上でもスムーズな再生が可能。またHLGガンマモードを搭載し、HDR映像制作をサポート。高輝度・高精細LCDを搭載、SDI・HDMI同時出力、軽量1.9 kg・コンパクト・低消費電力など優れた操作性とユーザービリティを実現している。
システム面では、カムコーダーとして初めてNDI|HX接続に対応。IP接続による伝送とカメラコントロールが可能となり、同社製NDI対応リモートカメラシステム、ライブプロダクションセンターAV-HLC100との連携によるライブ配信システムを構築できる。また、ストリーミング機能を備え、プロトコルはRTSPに加えてRTMPをサポート。Facebook、YouTubeライブに対応している。さらに、放送用P2ファイル形式(MXF・AVC-Intra/AVC-LongG)にも将来対応を予定しており、放送業務での使用にも対応。