Skip to Content

Inter BEE 2019 3月1日(金)より出展募集を開始

一般社団法人電子情報技術産業協会は、2019年11月13日(水)から15日(金)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて、音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2019 (インタービー2019)」を開催することを発表した。

明日3月1日(金)から、Inter BEE 2019の出展申込の受付を開始する。一次申込締切は5月31日(金)、二次申込締切は6月28日(金)となる。

■拡張するメディア体験
今回で55回目の開催となるInter BEE 2019は、世界から日本に注目が集まる2020年を目前に控え、市場が拡大する「新4K8K衛星放送」や、試験運用開始により期待が高まる「第5世代移動通信システム(5G)」などで広がる、スポーツイベント等の感動体験を「新しいユーザ体験」として届けるメディアとエンターテインメントの可能性を世界に向けて発信。《拡張するメディア体験》をコンセプトに、この大きな潮流をさらに加速していく。

■メディア総合イベントへの進化
放送メディアの発展と共に歩んできたInter BEEは、デジタルトランスフォーメーション時代におけるメディア産業の新たなユーザーエクスペリエンスを提示する場として、2017年から2019年の3年間をひとつのスパンと捉え、「コンテンツ」を中核にした、「つくる(制作)」、「おくる(伝送)」、「うける(体験)」を網羅する「メディア総合イベント」に進化することを目的としている。本年は3か年計画の最終年としての開催となる。

■デジタルコンテンツEXPO2019を同時開催
先端コンテンツ技術とデジタルコンテンツをテーマにした国際イベント「デジタルコンテンツEXPO」を、今年もInter BEE会場内にて開催する。デジタルコンテンツEXPOと継続して連携することにより、Inter BEEは最新コンテンツ技術のメディア&エンターテインメント分野への活用を促進させる。

■昨年は過去最多の出展者数と来場者数を記録
昨年のInter BEE 2018は、幕張メッセ1~8ホールの全館を使用し、1,152社が出展、開催3日間の来場者数は40,839名を記録し、過去最多・最大規模の開催となった。

Inter BEE 2019は、「プロオーディオ部門」、「映像表現/プロライティング部門」、「映像制作/放送関連機材部門」、「ICT/クロスメディア部門」の4部門、各特別企画、さらには、新たにスポーツ・コンテンツを中心とした新技術やサービスを訴求する企画を計画しており、効果的で有意義な情報交流やビジネス創出の場を提供すべく準備を進めている。

◎Inter BEE 2019出展のお問い合わせ・お申し込み
一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会
WEB: http://www.inter-bee.com
E-mail: contact2019@inter-bee.com
電話: 03-6212-5231