Skip to Content

パナソニック、放送用一体型二眼式3DカメラレコーダーAG-3DP1を開発

高感度・高画質、17倍ズームレンズ搭載の肩載せタイプの一体型3Dカメラ

パナソニックは、「P2HD」シリーズの新製品メモリーカード・カメラレコーダーAG-3DP1を開発した。2011年秋を目途に商品化する予定。

AG-3DP1は、「AG-3DA1」 の利便性を、さらに本格的なハイエンドの3D 映像収録に拡げる、P2HDシリーズの一体型二眼式3Dカメラレコーダー。ワイド/テレ両側にレンジを拡げた新開発17 倍(目標値)二眼式ズームレンズは幅広い用途に応える画角が得られる。高感度・高解像度220 万画素1/3 型3MOSセンサー、そして高画質AVC-Intraコーデックの組合せにより1920×1080フルピクセル・10 bit 4:2:2フルサンプルの高画質3D収録を実現。マルチカメラ同期収録とカメラ延長システムに対応、クイック/スローモーション撮影が可能なVFR(バリアブル・フレームレート)機能を搭載などハイエンドニーズに応えた造りとなっている。スポーツ中継から映画制作まで幅広いシーンで、リグ式カメラに代わるメインカメラとして、高品質な3D 映像収録を一体型二眼式カメラレコーダーならではの運用性・機動性でサポートする。

なお本製品は、4月11日から14日まで米ラスベガスで開催される全米国際放送機器展「NABショー」のパナソニックブース(Central Hall 3/C3707)に出展される。