Skip to Content

DigitalFilm Tree、人気ドラマ「NCIS: LA~極秘潜入捜査班」の グレーディングに DaVinci Resolve を使用

Blackmagic Design はこのたび、LAを拠点にする DigitalFilm Tree が、日本でも人気のアメリカCBSチャンネルのドラマシリーズ、「NCIS: LA~極秘潜入捜査 班」 のグレーディングをBlackmagic Designの DaVinci Resolveを使って行ったことを発表した。

DaVinci Resolve は、数々の映画、テレビCM、ドキュメンタリー、テレ ビ番組、およびPVのグレーディングで使われており、近年では、「アバター」、「ロビンフッド」、「ザ・ ファイター」、 「トランスフォーマー」などがある。
DigitalFilm Treeはソフトウェア開発も行う、制作、ポスプロ、およびコンサルティング会社。カラーコ レクションサービスと、VFXデザインを人気ドラマシリーズの「NCIS: LA~極秘潜入捜査班」 に提供してい る。DigitalFilm Treeは、同ドラマの最新シリーズの途中からResolveでのグレーディングに切り替えた。現 在、2部屋のグレーディングスイートには、2式のコントロールサーフェス付きResolveが同作品のグレーディ ング作業でフル稼働している。さらに同社では、HDおよび2KのモニタリングのためにHDLink Pro 3D DisplayPortも使用している。

DigitalFilm Treeの設立者であるRamy Katrib氏は「毎週放送があるような作品のカラーコレクションにはス ピードが求められます。そのニーズを満たすにはResolveのリアルタイムパフォーマンスが不可欠です。試写の 度にアプリケーションから離れることなく、締め切りの迫っている作品のグレーディングができます。始めに全 体的な色調整をしたら、あとは、クライアントと一緒に変更を加えて行きます。Resolveを使うようになってか ら、ショットの受け渡しなどに使う時間が減って、よりクリエイティブな作業に時間を費やす事ができるよう になりました。」と語る。

オンラインエディター兼カラリストのPatrick Woodar氏は、コントロールサーフェスを用いたグレーディング について以下のようにコメントした。「特に、Resolve のコントロールサーフェスを使う事によって、作業効率は格段に上がりま す。当たり前ですが、Resloveのソフトウェアとの相性は完璧ですね。コントロールサーフェスは、まさにカラ リストによるカラリストのためのもの、という感じです。体が自然と動くように設計されていて、スクリーンを 見ながら、グレーディングに集中できるんです。」