Skip to Content

シネブリッジがMirriAd社と業務提携し、新サービスの「デジタル・プレイスメント」を6月1日より開始

映画専門の広告代理店である株式会社シネブリッジ(以下シネブリッジ、本社:東京都港区/代表取締役社長:長谷川学)は、この度イギリス・ロンドンを拠点とするデジタル・プレイスメントの専門会社MirriAd社と業務提携し、新サービスの「デジタル・プレイスメント」を6月1日より開始した。
デジタル・プレイスメントとは、撮影後の映像にデジタル技術で商品や広告を露出する新しいプロダクトプレイスメント。映画作品だけでなく、TV番組やWEBムービーなどでも導入できる。 このサービスを可能にしたのがMirriAd社が開発し特許を持つ「ZoneSense™」と呼ばれるシステム。映像の中でプレイスメントに適したスペースを瞬時に探し出し、オリジナルコンテンツに同質化させたプレイスメントが可能。シネブリッジはMirriAd社との業務提携により、 ZoneSense™の日本国内における独占的使用権を取得した。
従来のプロダクトプレイスメントとは異なり、デジタル・プレイスメントでは事前に商品やブランドのイメージにあったシーンの選定が可能になり、さらに確認作業もオンラインでスムーズに進行する。また、上映済みのコンテンツでも再放送やDVD化の際に実施することができる。
サービス開始は今秋公開予定の邦画からとなる予定。今後は順次、映画製作会社やテレビ局などに本サービスを提供すると同時に、プレイスメントを希望される企業を募集する。