Skip to Content

キヤノンの業務用HDビデオカメラ“XA10”を発売

キヤノンは、同社の業務用HDビデオカメラで最小・最軽量のボディーを実現した新製品“XA10”を3月中旬から発売する。
“XA10”は、業務用上位モデルに採用している高性能なCMOSセンサー「HD CMOS PRO」や、光学10倍ズームレンズを搭載しつつ、小型のボディーと、着脱可能なハンドルの採用により、高画質と優れた機動性の両立を実現したモデル。 同社の業務用ビデオカメラで 上位機である「XF105」と同じ「HD CMOS PRO」(1/3型、有効画素数約207万画素)や、広角30.4mm相当(35mmフィルム換算)からの光学10倍ズーム「キヤノン HDビデオレンズ」、高画質な画像処理が可能な映像エンジン「DIGIC DV Ⅲ」を搭載している。 ズームと手ブレ補正のレンズ群の3次元での同時制御などによる鏡筒全体の小型化に加え、SD/SDHC/SDXCメモリーカードの採用や、高密度実装技術により、民生用ビデオカメラと同等のコンパクトで軽量なボディーと高画質の両立を実現している。さらに、ハンドルを着脱可能にすることで一段と機動性を高めている。
記録方式はAVCHDを採用しており、同規格最高記録レートにあたる24Mbpsでの高画質な映像記録が可能。AVCHDは民生機にも採用され、多くの動画編集用ソフトウエアが対応しているなど汎用性が高いことから、業務用ビデオカメラを手軽に導入したい制作現場にも便利。 ボタンやダイヤル、端子類の機能的な配置に加え、画面を指でなぞるだけで各種の操作ができるタッチパネル方式の液晶モニターを採用することで、高い操作性を実現している。