Skip to Content

オーストラリアのバンド、Pseudo Echo、ミュージックビデオ「Ultraviolet」の撮影にBlackmagic Production Camera 4Kを使用

Blackmagic Designはこのたび、オーストラリアのニューウェーヴ・バンド、Pseudo Echoのミュージックビデオ「Ultraviolet」の撮影に、Blackmagic Production Camera 4Kが使用されたことを発表した。「Ultraviolet」は同バンドによる新作アルバムのタイトル曲。オーストラリアのメルボルンを拠点とする制作会社、Final Focusは、すべての撮影をグリーンバックで行うため、Ultra HDのシネマルックを低コストで実現できる4Kカメラを必要としていた。
「このミュージックビデオの撮影をすべてグリーンバックで行うために、4Kカメラが必要でした。おかげでキーの品質が向上しただけでなく、納品がHDだったので、寄りのショットが欲しいときも画質を損なわずに、4Kから切り出して拡大できました」と話すのは、Final Focusの撮影監督/共同オーナーであるアダム・ヘイウッド(Adam Haywood)氏。「Blackmagic Production Camera 4Kの映像は本当に素晴らしいですね。編集室で確認したときも、ショットの素晴らしいルックに驚きましたよ。」
同ミュージックビデオのルックと世界観は、リードシンガーであるブライアン・カンハム(Brian Canham)氏がこよなく愛するレトロで未来的な映画やアートからインスピレーションを受けており、彼が同ビデオの監督兼F inal Focusの共同オーナーであるステュアート・スタントン(Stuart Stanton)氏と共有する情熱でもある。ブライアン・カンハム氏は、死の向こう側、紫外線領域に存在する人間のエネルギーの概念を表現したいと考えていた。 これらの要素を念頭に入れ、スタントン監督はあるコンセプトを考え出した。それは、現世を超越したキャラクターが、彼女自身の別バージョンをある次元から呼び寄せてコントロールし、進化させて他の次元へと移行させるというものである。同ミュージックビデオは、バンドの映像がインターカットするレトロなサイエンス・フィクションであり、視覚的にオーディエンスを惹きつけ、同時にPseudo Echoのこれまでの流れも受け継ぐデザインとなっている。 4K ProResで撮影を行ったヘイウッド氏は、4Kフォーマットが特にHDで編集や納品を行う際に好都合だったと話す。「4K収録は、リフレーミングやクロッピングにおいて最高の選択肢だと思います。画質に妥協することなく、より多くのオプションが得られるからです。もう一つの利点として、ProResコーデック収録があります。編集室での時間を削減できますし、カメラ内でProResコーデックを収録に対応しているカメラは他にありません。」 ヘイウッド氏は続ける。「Blackmagic Production Camera 4Kは、これらすべての機能が結び付き、極めて低価格なパッケージに統合されたカメラなんです。つまり、パワフルな機能とカメラが同時に手に入るんです。」 「自分たちの最新アルバムのアートワークとマッチする、非常に新しい未来的なルックを求めていました」と話すのは、Pseudo Echoのブライアン・カンハム氏。「ビデオの仕上がりは最高です。Final Focusがグリーンバックを使用して作り上げたハイエンドなルックを、大変気に入っています。」
ポストプロダクションでは、ヘイウッド氏はDaVinci Resolveを使用して、カーブと彩度をわずかに調整するカラーコレクションを施し、最終的な仕上げを行った。「Blackmagic Production Camera 4Kが発売された時、私たちはすぐに購入しました。後悔したことはありませんね。このカメラの映像は本当に最高です」と、ヘイウッド氏は最後にこう結んだ。