Skip to Content

パナソニック、AJ-PX270をさらに高画質化、 ネットワーク機能等を強化するファームウェアを無償提供開始

パナソニックは、放送業務用ハンドヘルド型カメラレーダーAJ-PX270に、非圧縮に迫る高画質コーデック「AVC-Intra200」とフルHD映像ストリーミング機能等を追加したファームウェアファームウェアのダウンロードサービスを本日1月19日より開始した。
今回のファームウェアアップデートにより、AJ-PX270に放送用高画質HDコーデック「AVC-Intra200」が追加されまる。「AVC-Intra200」は「AVC-Intra100」のビットレートを倍にし、非圧縮映像に迫る放送マスター用高画質を実現。
また、ネットワーク機能も大幅に強化。「ストリーミング」機能により、記録中でもフルHD映像のストリーム出力(有線LAN、無線LAN※3、4G/LTE回線)が可能になり、ニュース取材で収録中でも、速報としてストリーミング映像を本局にライブ配信することができる。さらに、「レック・デュアリング・アップロード」機能により、撮影済みクリップのFTPサーバーへの自動転送に対応。転送中も記録操作は可能なため、カメラマンは手動転送の必要がなく、撮影に集中することができる。
今回のファームウェアアップデートにより、iPad用リモートコントロールアプリが使用可能になった。「P2 ROPアプリ」により、iPadでカメラの画質設定、ズーム、フォーカス、録画開始・停止などのワイヤレスリモートが可能。放送カメラ用ROP(=リモート・オペレーション・パネル)やエクステンション・カメラ・コントロール・ユニット同等のリモートコントロール機能がお手持ちのiPadで実現でき、よりきめの細かい画質調整やセットアップを手元で行える。
本ファームウェアは、サービスサポートサイトから無償でダウンロード可能。
また、「P2 ROPアプリ」(iPad版)は、1月末以降、Apple App Storeより同じく無償で提供される予定。