Skip to Content

ブラックマジックデザイン、福岡で初のDaVinci Resolveトレーニングを開催

ブラックマジックデザインはこのたび、福岡で初のDaVinci Resolveトレーニングを開催する。会場は、山口県、下関に拠点を置くストロベリーメデイアアーツの福岡オフィス。同社はイベントの企画、演出、運営を核とし、機材レンタルおよび販売、映像やウェブサイトの制作など多岐にわたるビジネス展開をしている。下関にある制作部門では、UltraStudio 4KやDaVinci ResolveといったBlackmagic 製品を活用している。
また、昨年の11月には、同社の福岡オフィス内にプロ機材ショップをオープンし、多数のBlackmagic Design製品を取り扱っている。同ショップに併設したセミナールームでは、DaVinci Resolve コントロールサーフェスを導入している。
トレーニングの詳細は下記の通り。
■定員: 1日6名(福岡)
■参加費用: 25,000円 (税抜)
■開催日: 2/16 (月)、2/17(火) 講師 柏崎美樹氏(ブラックマジックデザイン株式会社)
■時間: 13:30 ~ 17:15 (休憩15分を含む)
■場所 株式会社ストロベリーメディアアーツ セミナールーム
(福岡県福岡市中央区草香江2-10-21)
■持参機材:
Resolve v11(11.1.3バージョン) の動作するラップトップ (ResolveLiteでも受講可能)
(確証がない場合は、申し込み時にシステム構成のスクリーン ショットを送信)

■主な講習内容:
-メディアのインポートと管理
-編集タイムラインの作成および編集機能
-他ノンリニアシステムからの編集タイムラインのインポート
-プライマリーパレットを使用したグレーディング
-プライマリーパレット機能について
- RAWグレーディング
-ノード(トラック、クリップ、グループクリップへのカラーコレクションの適用 )
-バージョン、スチル、スプリットスクリーンの使用方法
-セカンダリーパレットを使用したグレーディング
- RGBカーブ、 HSLキー等を使用したセカンダリーグレーディング
-各ノードを使い分ける (シリアル、パラレル、レイヤー、アペンド )
-パワーウィンドウを使ったグレーディング
タイムラインの出力ー完成したタイムラインを出力、使い回し素材として出力、 EDL等の出力

■下記サイトより申し込み受付。
http://www.smacom.jp/bmd-seminar.html