Skip to Content

Vol.109 35mmフルサイズデジタル一眼など続々投入のCP+ 2015

毎年、2〜3月と言えば、写真映像関連見本市CP+が主なトピックで、4月のNAB SHOWに向けて新製品情報が絞られる時期になる。取材するイベントも少なくて、記事を執筆するのにも苦労することが多い。ところが今年2月は、ありがたいことにイベント盛りだくさん。そのぶん、次回の取材は苦労しそうだ。

横浜・みなとみらいのパシフィコ横浜でカメラと写真の総合展示会CP+が、2月12〜15日の4日間開催され、会期中67,617人の来場者で賑わった。昨年は会期2日目から記録的な大雪にみまわれ、3日目は道路/交通機関マヒにより中止に追い込まれたことを思い出す。来場者のなかには、昨年来られずに2年ぶりに訪れたという人も多かったに違いない。一昨年の来場者(62,597人)を5,000人強も上回る盛況ぶりだった。