Skip to Content

新着情報

キヤノン、デジタルシネマカメラ“EOS C200 / EOS C200B”を発売

キヤノンは、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの新製品として、新ビデオフォーマット「Cinema RAW Light」、「MP4」で撮影した4K映像を本体内に記録可能なデジタルシネマカメラ“EOS C200 / EOS C200B”を2017年7月下旬より発売する。

朋栄、東北映像フェスティバル 2017 出展

次世代映像制作に欠かせない最新製品・ソリューションを展示
朋栄は、2017年6月15日(木)・16日(金)の2日間、仙台国際センター展示棟 青葉山コンソーシアム(仙台市青葉区)にて開催される「東北映像フェスティバル 2017」に出展し(ブースNo.41)、次世代映像制作に欠かせない各種新製品・ソリューションを展示する。詳細はこちら

After NAB Show 2017開催

NAB Show2017で披露された最新情報を一堂に集め、日本国内のユーザにセミナープレゼンテーションと製品展示を行う「After NAB Show」が5月30日(火)にグランフロント大阪にて、また、6月1日(木)と2日(金)の2日間、東京・秋葉原のUDXにて開催される。主催はNAB 日本代表事務所(映像新聞社)および一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会。後援はNAB(National Association of Broadcasters/全米放送事業者協会)。
開催規模は、東京開催には48社、大阪開催には12社の企業・団体が参加する。

ARRI、ワイヤレスビデオトランスミッターを搭載した ALEXA SXT W を発表

ナックイメージテクノロジーの取り扱いメーカーであるアリ社は、高性能で低遅延のHDビデオトランスミッターとWiFiモジュールを搭載したALEXA SXT W(W = Wireless)を発表した。
ビデオトランスミッターを内蔵したALEXA SXT Wは、従来モデルに外部トランスミッターを装着するよりもシステム全体を小型・軽量化することができるほか、カメラ周辺のケーブル数が減少するため、”ケーブルの断線”という現場でありがちなトラブルが少なくなる。カメラセットアップの時間短縮、現場効率の向上を実現する。

コンテンツ配信