Skip to Content

新着情報

朋栄、4K対応ビデオスイッチャHVS-490を国内初公開

朋栄は11月14日、3G/HD/SDビデオスイッチャHVS-490を発表した。HVS-490は4Kソフトウェアオプションを追加することにより、Quad Link 3G-SDI入出力による4K UHDの取り扱いが可能となる。同製品は9月に開催されたIBC 2016にて参考出展され、11月16日(水)から18日(金)に幕張メッセで開催される「2016 国際放送機器展(Inter BEE 2016)」にて日本初公開される。

インターネットイニシアティブ(IIJ)、Inter BEE 2016に出展

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、Inter BEE 2016に出展する。今回のIIJブースでは放送局における映像伝送のIP化を支援し、4K IP伝送を実現するための「IP映像伝送ソリューション」、クラウド上で中継映像のエンコードから配信までワンストップで行うフルクラウド型の「ライブ中継ソリューション」などを中心に、動画配信プラットフォームについて紹介。IIJブース(ホール4 /小間番号4509)

ソニー、レンズ交換式XDCAMメモリーカムコーダー『FS7 II』発売

ソニーは、4K Exmor スーパー35㎜CMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素、有効画素数約880万画素)を搭載し、XAVC 4Kでの本体記録に対応するXDCAMメモリーカムコーダー『FS7 II(マークツー)』ボディ及びズームレンズキット(レンズ付属モデル)を発売する。同機は、現行機種『PXW-FS7』を進化させた上位モデル。

映画「クハナ!」、URSA Mini 4.6Kで撮影


劇場公開作品「クハナ!」は全編URSA Mini 4.6Kで撮影された

Blackmagic Design はこのたび、秦建日子監督の映画「クハナ!」の撮影にURSA Mini 4.6KおよびURSA Mini 4Kが使用され、DaVinci Resolve Studioでグレーディングされたことを発表した。

エム・アンド・アイ ネットワーク、Inter BEE 2016に出展

エム・アンド・アイ ネットワークは同社取り扱いのdatavideo社製品を出展する。

出展予定製品
○4K切り出し装置 KMU-100(参考出展)
○HD/SD-SD対応6chリモートコントロールスイッチャー SE-1200MU (参考出展)
○ポータブルリプレイレコーダー HDR-10(参考出展)
○ハンドキャリーレコーダー HRS-30(平成28年11月21日 発売)
○タイトルクリエイター TC-200 + TELOP BOX for datavideo TC-200
○LEDモジュールライトセット  PLK-400

コンテンツ配信