Skip to Content

新着情報

朋栄、1Uハーフサイズの12G/3GコンバータMFC-2GBを発表

朋栄は1Uハーフサイズの12G/3GコンバータMFC-2GBを発表した。MFC-2GBは、次世代のSDI環境を構築する上で不可欠な変換器。12G-SDIとQuad Link接続の3G-SDIを相互に変換でき、さらにSQD(Square Division)と2SI(2 Sample Interleave)のマッピング形式も相互変換可能なGearbox機能を2系統搭載したコンバータ。4K制作環境において課題となるQuad Link接続によるケーブルの増加を改善することが可能。MFC-2GBは、2017年2月に発売される予定。

朋栄、Thunderbolt 2 I/F搭載CG送出装置MBP-200TB2を発表


MBP-200TB2(右)の活用イメージ。製品にPCは含まれない。

朋栄はThunderbolt 2 I/Fを搭載したCG送出装置MBP-200TB2を発表した。MBP-200TB2は、1Uハーフラックサイズのコンパクトな筐体で、2入力5出力のSDI端子とThunderbolt 2端子を1ポート搭載している。Thunderbolt 2搭載PCにインストールされたソフトウェアに応じて、1台でさまざまな用途に活用することが可能。

朋栄、キャラクタジェネレータEzV-300シリーズを発売

朋栄はスタンドアロン型ローコスト版キャラクタジェネレータ2種類を発売した。新機種はHD 2系統送出が可能なモデルEzV-300および4K 1系統の送出にも対応するモデルEzV-300-FK。なお、本製品シリーズは、現行のHDキャラクタジェネレータEzV-200HSの後継機となる。

池上通信機、Broadcast Innovation ―より豊かな映像表現をめざして― をテーマにInterBEE 2016に出展

池上通信機は、Inter BEE 2016に「Broadcast Innovation―より豊かな映像表現をめざして―」をテーマに出展する。 会場では、今後ますます実運用化が広がる4K/HD番組制作ソリューションを中心に、4K時代のキーワードである「HDR」「12G」「IP」に対するIkegamiの取り組みを紹介。

コンテンツ配信