Skip to Content

新着情報

パナソニック、新型ライブスイッチャーAV-HS410を開発

7型カラーLCDパネル、新搭載のメモリープレビュー機能、強化されたマルチビューディスプレイで操作性を向上。ステレオ3D、プラグインソフト用SDK提供など拡張性も優れた一体型1M/Eスイッチャー

パナソニックはこのたび、新型ライブスイッチャーAV-HS410を発表した。新製品HS410は、従来機種のHS400A同等の19型ラックサイズ幅のコンパクトな一体型ボディながら、標準で9系統の入力信号、オプションボードを使用すれば最大13系統の入力に対応可能なHD/SDスイッチャブルの1M/Eライブスイッチャー。7型カラーLCDモニターを搭載し設定画面が見やすく、新搭載のメモリープレビューや強化されたマルチビュー機能、シンプルでライブ送出に特化したボタン配置により操作性を大幅に向上した。3Dカメラを含む様々な入力信号に対応できるオプションボードスロットや、SDK提供によりサードパーティーやSI業者がプラグインソフトを開発して機能を追加しやすくするなど拡張性にも優れている。

パナソニック、新型ハンドヘルドカメラレコーダーAG-AC160・AG-AC130を発売

 

パナソニックは、「AVCCAM」シリーズの新製品メモリーカード・カメラレコーダーAG-AC160を2011年9月より、AG-AC130を10月より順次発売する。

メモリーカード・カメラレコーダーAG-AC160とAG-AC130 は、AVCCAMシリーズの新型ハンドヘルドカメラレコーダー。新開発の22 倍ズームレンズはワイドから望遠までカバーするとともに、カム式ズーム・フォーカス・アイリスの3リング構成により交換レンズに近いマニュアル操作が可能となっている。高感度・低ノイズ・高解像度の1/3 型220万画素“U. L.T.”(Ultra Luminance Technology)MOS イメージセンサーと業務用AVCHD PH モードにより1920×1080フルHD 映像を高画質で収録ができる。

パナソニック、「AG-HPX250」を、2011年9月より発売

 

パナソニックは、「P2HD」シリーズの新製品メモリーカード・カメラレコーダーAG-HPX250を、2011年9月より発売する。

パナソニック、中国国際放送機器展BIRTV2011現地プレス発表会を開催

パナソニックは、中国国際放送機器展BIRTV2011の現地プレス発表会を開催した。

BIRTV2011は北京国際展覧センターで本日8月24日(水)〜27日(土)まで開催されている。パナソニック例年通りホール3にブースをかまえ、今春のNABショーで発表した新製品群(一体型二眼式3DカメラレコーダーAG-3DP1G、P2HDハンドヘルドAG-HPX250、AVCHDハンドヘルドAG-AC160/AC130)に加え、新たに新型HDインテグレーテッドカメラAW-HE120、新型ライブスイッチャーAV-HS410を世界に先駆け展示。ファイルベースソリューションから3Dまで、先進の放送機器・業務用映像機器を出展している。

新製品AW-HE120は、従来機種のHE100と比較すると容積・重量ともに約60%減のコンパクト設計ながら、高倍率の20倍ズームレンズ、高画質フルHD撮影が可能な220万画素「U.L.T.」3MOSシステムを搭載した回転台一体型リモートカメラ。一方、AV-HS410は、従来機種のHS400A同等の19型ラックサイズ幅のコンパクトな一体型ボディながら、標準で9系統の入力信号、オプションボードを使用すれば最大13系統の入力に対応可能なHD/SDスイッチャブルの1M/Eライブスイッチャー。

Hollywood-DI、DaVinci Resolve を使い 「Guido」、「And They’re Off」をグレーディング

Blackmagic Design はこのほど、ウェストハリウッ ドに拠点を置くHollywood-DI が、DaVinci Resolve ソフトウェアv8を使用して近日公開の劇場映画 「Guido」ならびに「And They’re Off」のカラーコレクションを行ったことを発表した。

コンテンツ配信