Skip to Content

新着情報

パナソニック、NAB2011にて新型カメラレコーダー等、初公開

新型3Dカメラや「P2HD」・「AVCCAM」両シリーズの新型カメラレコーダーを初公開

タブレット利用のP2HDワイヤレスソリューションも展示

パナソニックは、 NAB2011において、プロ用3D映像制作/フルHD制作システムや大型ディスプレイなどを出展した(セントラルホール3、ブースナンバー:C3707) 。

3D映像制作用には、昨年発売し全世界で好評を博した一体型二眼式カメラレコーダーAG-3DA1に加え、さらなる高画質化と撮影機能をアップした新型3DカメラレコーダーAG-3DP1を出展。マルチフォーマットライブスイッチャーAV-HS450も新発売の3Dアウトプットボードを装着することで、映像エフェクトに対応した本格的な3D映像のスイッチングが可能になった。さらに3DのモニタリングにはLCDビデオモニターBT-LH2550に加え、3D撮影アシスト機能を搭載した小型LCDビデオモニターBT-LH910を展示するなど、充実した3D制作環境を実現。

ピコハウス、NAB2011に出展

株式会社ピコハウスは、NAB2011に出展する(ブース名:3D Pavilion/ブース番号:C10514B1 (Central Hall))。

出展製品

Easy3D


『Easy3D』は、「AVCHD」規格のフォーマットで作成された左目用および右目用のフルHDデータを取り込み、「Blu-ray 3D」規格に対応したレコーダー/プレーヤーで3D再生が可能なブルーレイディスクを作成する簡易オーサリング・ライティングシステム。ビデオデータ取り込みの過程で立体視3D再生に必要なストリームを再エンコードせずに作成することができるため、作業時間が短縮可能。また、メニューのテンプレートから背景やボタンイメージなどのパーツを選択しそのデータを登録すると、登録したデータが自動的に配置されるので、短時間で立体視3Dのメニューオーサリングを行うことができる。

Redrover社、NAB2011に計測技術研究所と共同開発をした4K 3Dモニターを出展

Redrover社はNAB2011に出展する。ブースNoは、C-123431。 今回は、計測技術研究所と同社が共同開発をした4K 3Dモニターを出展。また、HDーSDI 3Dモニターのラインアップと、RIGでは小型並行式リグなど、ミラー式リグも中型・小型と出展する。

アミュレット、ExpressCard/34対応メモリカード発売

アミュレット株式会社は2011年4月13日より、ExpressCard/34対応メモリカードの新製品として、「Wise ExpressCard SSD」(ワイズ エクスプレスカード エスエスディ)の取り扱いを開始する。

Wise ExpressCard SSDは、カード側面にUSBポートを搭載した、ExpressCard/34対応のメモリカード。カード側面にUSBポートを搭載しているため、ExpressCardスロットを搭載していないパソコンでも、追加のオプションを必要とせずに、USBストレージとして活用できる。また通常のコンピュータ機器用ストレージとしての利用のほか、Mac OS Xの起動ディスクとしても使用可能。容量別に、64GBと32GBの2製品がある。

Wise ExpressCard SSD

製品概要: USB2.0ポート搭載 ExpressCard/34対応 メモリカード

価格:オープン価格(参考価格:79,800円(64GB)、52,500円(32GB))

コンテンツ配信