Skip to Content

新着情報

オートデスク、NAB2011

オートデスク、NAB2011でクリエイティブ フィニッシング ソフトウェアの 最新版を初披露

オートデスクブースとオンライン コミュニティ サイトの「AREA」で、 新製品デモ、プレゼンテーション、現地で日本語デモンストレーションを実施

オートデスクは、2011 NAB2011に出展する。オートデスクブースでは、2011年3月に日本国内でも発表された、コマーシャル、映画、番組制作ポストプロダクション向けのアニメーション、ビジュアル エフェクト、エディトリアル フィニッシング、カラー グレーディング用デジタル エンターテインメント クリエーション ソフトウェアの最新版を展示する。デジタル アーティスト達は、NAB会場内のオートデスクブース(ブース番号:SL2120)、および月間25万人のユニークユーザが訪れるオートデスクのデジタル エンターテインメントとビジュアライゼーションのコミュニティサイト「AREA」を通じ、オートデスクにアクセスすることができる。顧客と製品の紹介、および独占映像がオートデスクブースから全世界に向け生中継され、AREAでもオンデマンドでの閲覧ができる。

JVA月間売上統計(2011 年2 月度)

一般社団法人 日本映像ソフト協会は、2011 年2 月度のJVA月間売上統計(速報)を発表した。

当月度の概要は以下の通り。

2011年2月度

● ビデオソフトの売上金額は183 億3200 万円で、前年同月比113.8%と大きく伸長した。

● DVD 全体の売上金額は152 億0600 万円で前年同月比107.0%と、前月に引き続き前年同 月を上回った。「販売用」の売上金額は同98.7%とやや下回ったが、「レンタル店用」が好 調で、同119.7%と二桁の伸長となった。

● ブルーレイ全体の売上金額は31 億2400 万円で、ここ半年の中では低い売上だったが、前 年同月も低めの数字であったため164.5%と大きな伸長率を見せた。ビデオソフト全体の売 上金額の17.0%を占めた。

● DVD とブルーレイにつき「販売用」と「レンタル店用」のそれぞれの実績を加算して、市 場別に見てみると、「販売用」全体が113 億0700 万円で前年同月比108.6%、「レンタル店 用」全体では、69 億2900 万円で同123.4%と両市場とも前年同月を越えることとなった。 「販売用」全体に占めるブルーレイの割合は25.4%、「レンタル店用」は3.6%。

Flashback、テキストを替えて使えるAEテンプレート「Cassidy Bisher's Text Effects」発売

フラッシュバックは、2011年3月30日(水)、 Red Giant社のTrapcode  プラグインを使った After Effects コンポジション集「Cassidy Bisher's  Text Effects Vol.1&2 for Trapcode Suite」の販売を開始した。

池上通信機、一体型マルチパーパスHDTVカメラ「HDL-45E/45E1 」を発表

池上通信機は、この度一体型HDTVカメラHDL-45E/45E1を新開発した。(HDL-45E1:1080/24psF, 1080/23.98psF対応タイプ)放送用の情報カメラや高所監視カメラ、望楼カメラとして、積極的に販売を展開していく。価格は、HDL-45Eが360万円(税抜)、HDL-45E1 (23.98psF対応タイプ)が390万円(税抜)。販売開始時期はともに2011年8月。

HDL-45E/45E1は、2/3型230万画素AIT CCDを採用した3CCDカメラ。デジタルプロセスLSI(ASIC)の搭載により、放送用スタジオカメラに匹敵する解像感、色再現性を実現している。

機能面では、アイリスやゲインをオートコントロールするAVC機能、ホワイトバランスを自動調整するATW機能を搭載し、雲台搭載時の無人運用に適している。また、デジタルエクステンダ機能も搭載。遠距離からの撮影でも、鮮明に被写体を捉えることができる。

池上通信機、NAB2011出展概要

池上通信機は、NAB Show2011において、"Sophisticated Products for Demanding Professionals"をテーマにファイルベースシステムGF seriesを出品。編集機とのコンパチビリティや、GFCAMのさまざまな運用スタイルを展示し、制作、報道各分野に最適なワークフローを展示する。ライブカメラ、ハンディカメラをはじめ、多目的カメラなど最新のHDTVカメララインアップや3G対応モデル、3Dカメラシステムなどを紹介する。ファイルベースシステムGF series、「HSS-series」デジタルビデオスイッチャ、HLM-series LCDモニタ、次世代マスタモニタとして、FEDモニタを参考出品する。

コンテンツ配信