Skip to Content

新着情報

パナソニック、放送番組リアルタイムアーカイバシステムを発売

パナソニックは、地上デジタル放送、BS放送、CS放送などの放送番組からインターネット配信用動画コンテンツを自動生成する放送番組リアルタイムアーカイバシステムを、放送事業者向けに3月下旬より発売する。
現在、放送した番組をインターネットで再配信するには、番組のデジタルファイル化、編集、動画配信フォーマットへの変換、メタデータの付与といった作業が必要であり、放送事業者にとって、煩雑な作業をともなう。
そこで、同社は、放送した番組をVOD用として再配信する際のワークフローを自動化するシステムを開発した。本システムはオンエア時のマスター映像を取り込み、EPG(電子番組表)情報に基づいて番組の境界をフレーム単位の精度で検出し、自動的に切り出すシステム。一般的なファイルフォーマットであるMP4と共に、HybridcastのVOD仕様で採用されているMPEG-DASHにも対応している。

【放送番組リアルタイムアーカイバシステム】

Inter BEE 2017出展募集を開始

一般社団法人電子情報技術産業協会は、2017年11月15日(水)から17日(金)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて、音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2017(インタービー2017)」を開催する。
3月1日(水)から、Inter BEE 2017の出展申込の受け付けを開始した。
一次申込締切は5月31日(水)、二次申込締切は6月30日(金)。

Inter BEE 2017 業界動向セミナー/出展募集説明会 開催

Inter BEE 2017は一般社団法人電子情報技術産業協会の主催、同会の運営により、来る11月15日(水)から17日(金)までの3日間、幕張メッセにおいて開催される。このたび、同会では業界動向セミナーおよびInter BEE 2017出展要領等についての説明会を開催する。

ソニー、CP+2017に出展

ソニーは、CP+(シーピープラス)2017に出展する。

ソニーブース(G-02)では、
•35mmフルサイズ対応、αレンズ史上最高のぼけ味を特長とするGマスターの中望遠単焦点STFレンズ『FE 100mm F2.8 STF GM OSS』
•35mmフルサイズ対応、小型軽量の大口径中望遠単焦点レンズ『FE 85mm F1.8』
•スーパー35mm/APS-Cフォーマット対応の電動標準ズームレンズ『E PZ 18-110mm F4 G OSS』
の計3本の[Eマウント]レンズ新商品を紹介する。加えて、電波式ワイヤレス通信に対応した外付けフラッシュ『HVL-F45RM』も展示。

また、αやサイバーショット、ハンディカム、アクションカムに加えて、デジタルシネマカメラCineAlta(シネアルタ)『F65』をはじめとした映画やCM、ドキュメンタリーなどの映像制作現場で活躍するカメラなど、最新のデジタルカメラ商品群を一堂に展示する。

コンテンツ配信