Skip to Content

新着情報

フラッシュバック、Red Giant 社【無償プラグイン】配布開始

フラッシュバックはこのたび、After Effects 対応の無償プラグイン「Knoll Unmult」「Magic Bullet Colorista Free」「Magic  Bullet LUT Buddy」の配布を開始した。  専用のダウンロードフォームからの申請者全員に無償配布する。

Knoll Unmult(ノル アンマルチ)


Knoll Unmult は、黒バックで撮影されたビデオ素材から、被写体のアルファチャンネルを自動作成するプラグイン。
水槽の中で疑似的に作成した雲、花火などの火花、ガラスの表面の伝い落ちる水滴など。黒い背景で撮影した被写体を、新たな背景に合成する際に大変便利。

ロンドンに拠点を置くDeluxe 142、ブラックマジックデザインの Linux 版DaVinci Resolve でパワーアップ

ブラックマジックデザインはこのほど、Deluxe 142 が、ロン ドンのスタジオにLinux 版DaVinci Resolve ならびに複数のDaVinci Resolve ソフトウェアライセンスを導入したことを発表した。

Deluxe 142 は、Linux スイートを拡張し、ステレオスコピック3D に対応可能な4GPU システムを実現した。これはイギリスでは初の試みとなる。また、Deluxe 142 は、DaVinci Resolve ソフトウェアを搭載した3 台の Mac ベースアシスト・ステーションも導入している。

Deluxe142 は、これまでに「007/慰めの報酬」、「ナルニア国物語/第2 章 カスピアン王子の角笛」、「スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団」などといったハリウッド大作のポ ストプロダクションで重要な役割を果たしてきた。

Avid、Final Cut Pro ユーザーを対象にした Media Composer スペシャル・オファー延長

Avidでは、6月17日までとしていたFinal Cut Proユーザーを対象としたFinal Cut Proクロスグレード・プロモーションを好評につき9月30日まで延長する。

このクロスグレード・オファーは、Final Cut ProユーザーにMedia Composerをよりコスト効率よく導入する機会を提供するもの。Media Composer は Mac OSとWindows OSで動作するようデザインされ、様々なフォーマットへのネイティブ対応、マルチカム対応、メディアやプロジェクトの共有、サードパーティ製システムとの統合をはじめ、今日のプロの製作に要求される多彩な機能を備えている。

 

テクトロニクス、Optametra 社の買収を発表

最新のコヒーレント光規格に対し、最高クラスの解析機能/性能を提供


[2011 年7月26日 米国オレゴン州ビーバートン発]

テクトロニクスはこのほど、Optametra(オプタメトラ)社を買収したことを発表した。買収条件は公表されていない。2007年に設立されたOptametra社は、100Gbps以上のコヒーレント・テストに注力している。2009年3月に40Gコヒーレント光シグナル・アナライザを、続いて同年、100Gのアナライザを発表。Optametra社はコヒーレント・テストのパイオニアであり、研究開発および製造部門に対応した製品、カストマ・サポートで業界をリードしている。同社の信号解析ソリューションは、優れた情報表示機能、変調フォーマット、非常に広いライン幅耐性を持っている。

日本視聴覚教育協会、第10回「全国こども科学映像祭」 作品募集を開始

 

 

日本視聴覚教育協会は、第10回「全国こども科学映像祭」 作品募集を開始した。同映像祭は、子どもたちの科学への関心を喚起しカメラの目を通して、科学の楽しさや素晴らしさを理解させて子どもたちの“科学する心”を育むことを目的とした世界でも珍しい子どもたち自身が作った映像作品のコンクール。応募作品から入賞作品を選び、表彰式で上映し、映像祭としている。

 

《応募要項》


 

参加条件

参加作品は科学全般(特定の分野にこだわらず、自然、環境等の理科教育に関するものの他、安全、防災、考古学、民俗学等の人文科学的な内容も可)に関する映像で、次の部門のいずれかに参加できる。

 

Syndicate content